Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

買って食べて遊んで泊まれる「スノーピークランドステーション白馬」に行ってみた。白馬の新たな野遊び発信地!

配信

Impress Watch

 スノーピークは7月23日、長野県白馬村に「スノーピークランドステーション白馬(Snow Peak LAND STATION HAKUBA)」(長野県北安曇郡白馬村大字北城5497)をグランドオープンしました。 【この記事に関する別の画像を見る】  当初は4月18日に開業予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期。その後、地域やサービスを限定して5月23日から短縮営業していましたが、この日待望の本格オープンとなりました。グランドオープン当日は営業開始前に行列ができるほど。そんな話題の新施設にひと足早く訪問し、白馬の魅力にたっぷり浸れるアクティビティなどを体験してきました。  まずは白馬村へのアクセスから。クルマなら長野自動車道の安曇野IC(インターチェンジ)から90分。上信越自動車道の長野ICから60分。北陸自動車道の糸魚川ICからは60分ほどで到着します。JR長野駅前からは特急バスも出ています。  今回は新宿バスタからアルピコ交通の高速バスを利用しました。5時間ちょっとかかりますが、乗り換えもなく寝ていれば着くので楽ちん。開業に伴って「スノーピークランドステーション白馬前」というバス停が新設され、さらに便利になっています。  7月23日当日にはオープニングレセプションが開催され、式典にはスノーピークの山井太会長、山井梨沙社長をはじめ、建物の設計を担当した隈研吾氏らが登壇しあいさつしました。 ■「店舗エリア」にはスノーピーク直営店にスタバ、レストラン、観光局も  約9200m2の敷地内は「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」の3エリアで構成されています。まずは店舗エリアから。隈研吾氏設計の建物内には、国内最大規模というスノーピーク直営店が入り、キャンプ用品やアパレルなどが豊富なラインアップで並んでいます。芝生を臨む大きなガラス張りの店内は明るくて開放的。とってもよい気分でお買い物が楽しめますよ。オリジナルTシャツやロゴ入り真空ボトルなど白馬限定商品も見逃せません。  施設内には席数48席の「スターバックス コーヒー スノーピークランドステーション白馬店」も入居。ロッジを連想させる温かみのあるカウンターや木製ロゴが特徴で、店内のテーブル&チェアはすべてスノーピーク製! コーヒータイムもアウトドア気分がアガります。廃材を再利用して、白馬やコーヒー農園のある中米コスタリカの風景を表現したアートも必見です。  ミシュラン三ツ星を獲得した日本料理店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹氏が監修したのが「Restaurant雪峰(せっぽう)」です。石川シェフ自らが地元生産者とつながり、セレクトした旬の素材を使って提供される和洋ミックスの料理は“食材の純粋な美味しさ”を味わえるものばかり。ハヤシライスやパスタなどのランチメニューのほかに、全6品もしくは全8品のディナーコース、キッズメニュー、サンドイッチなどのテイクアウトメニューも揃っています。 ■スノーピーク製品の魅力を存分に楽しめる「野遊びエリア」  施設のすぐ横には「野遊びエリア」を名付けられた森が広がっています。そこにあるのがスノーピークと隈研吾氏が共同開発した木製トレーラーハウス「住箱 -JYUBAKO-」2棟と、6区画のキャンプサイト。合計8組のゲストがここで気軽にキャンプを楽しめます。  宿泊プランは全部で4つ。例えばモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」に泊まる「住箱宿泊プラン(定員は大人2名、子供2名)」は、前述した「Restaurant雪峰」のスペシャルコースディナー付き。朝食はスノーピーク製品のトラメジーノを使って自分たちで作るホットサンド朝食キットとなっています。この朝食にはスタバのコーヒー豆も付いていて挽きたてを楽しめるのだそう。詳細は宿泊プランのページでチェックしてみてください。  私は今回、設営サポート付きSTAYの「CAMPプラン」を体験してきました。このプランには薪1束が付いているということで、夜は初めてのひとり焚き火。ボケ~っと火を眺める贅沢な時間を過ごしてきました。時間の都合で近くの温泉「みみずくの湯」には入れませんでしたが、そんなときは24時間使用可能なシャワールームが2つあるので安心。シャンプーなどは置いていませんがドライヤーの用意はありました。  アウトドア初心者でも手ぶらで身軽にキャンプ体験ができるのが、このスノーピークランドステーション白馬の特徴。自身のテントの持ち込みも可能ですが、気になるスノーピーク製品がある人は、ぜひ手ぶらで体験してみは? ちなみに各サイトにはAC電源が付いているのでスマホの充電なども可能です。 ■ペットも入場可能な「イベントエリア」では毎週土曜日にマルシェを開催予定  緑の芝生が美しい「イベントエリア」では、“観光客と地元生産者がつながるマルシェ”など、さまざまなコンテンツが今後展開されるそう。グランドオープン初日からの4連休は全日程でマルシェを開催し、地元で採れたブルーベリーや、それを使って作ったジャム、地酒なども販売されてにぎわっていました。イベントエリアでは今後、テントやタープなどの展示販売や、焚き火を体験できるプログラムなども定期開催予定なのだとか。 ■レンタルサービス「Snow Peak GO」をちょっとだけ体験してきました  最後にご紹介するのは、ピクニックに最適なスノーピーク製品とe-bike(電動アシスト自転車)、Restaurant雪峰特製デリ(オリジナルサンドイッチ+信州野菜の朝採れサラダ)、みみずくの湯入浴券がパッケージになったレンタルサービス「スノーピークゴー(Snow Peak GO)」です。  地元の人しか知らない隠れた名所やスポットを盛り込んだサイクリングマップを受け取って、ギアの使い方の説明を受けたら出発。最後は温泉に入って汗を流すという半日コースのお勧めパッケージです。  現在用意されているのは白馬村内を巡る2コースのみですが、今後は北尾根ピクニックプランや岩岳デイキャンププランなども計画中とのこと。スタバのコーヒー豆付きなので、途中で汲んだ美味しい水で淹れたてのコーヒーを飲むなんていうスペシャルな体験もできるそう。料金は半日コース(デリ付き)で、1人7000円(税別)、2人だと1万2000円(税別)となっています。  ウィンターシーズンだけでなく1年を通してマウンテンリゾートを目指す白馬に、新たに誕生したスノーピークランドステーション白馬。楽しみながら大自然を体感できるコンテンツが充実していて、「アウトドアライフスタイル」を肌で感じられる複合施設として期待大です。

トラベル Watch,ゆきぴゅー

【関連記事】