Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウェッジでティアップした球が打てますか? プロが教えるスコアを守る3つのウェッジ練習法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

打ちっぱなしやインドアの練習場でウェッジをどんなふうに練習していますか? アプローチだけでなくアイアンショットの上達にもつながる3つの練習法を、プロゴルファー・中村修が紹介!

サンドウェッジをティアップして打つ

コースでスコアメークに直結するウェッジ類ですが、なかなか効率よく練習するのが難しいクラブでもあります。というのも、人工マットの上から打つと、分厚いソールが滑ってくれて、いつも同じ高さの打点となり、比較的安定した弾道や距離感を出しやすいから。 ところが芝の上では、ボールが浮いていたり、沈んでいたりしますし、リーディングエッジから入れば地面に突き刺さってしまいます。結果、打点がズレることで距離感やイメージした弾道の高さが出なかったり、ザックリになったり。練習場とコースでの結果が大きく異なる可能性があるのです。 そこでオススメなのが、普段からティアップしたボールをサンドウェッジ(SW)やアプローチウェッジで打つ練習をしておくこと。こうすれば、人工マットで“補正”がかからず、打点を揃える効果的な練習をすることが可能となります。コースでスコアメークに直結するウェッジ類ですが、なかなか効率よく練習するのが難しいクラブでもあります。 SWをティアップして打ってみると、意外な難しさに最初は戸惑うかもしれません。同じ弾道で、同じ距離を打つのは意外と難しいんですよね。ティを打ってしまうこともあるかもしれません。そして、フェース面に当てられても、上っ面に当たるとスピンはかからず、飛距離も大幅に落ちてしまいます。 ではどうすれば上手く打てるのでしょうか。たとえば、短く握ってみる、少しボールを右に置いてみる、構えた手元の位置を変えてみる……こういった工夫をすると、ヘッドの軌道は変わり、最下点の位置も変わってきます。 どの位置にボールを置いて構えると安定してボールをとらえられるのか、自分なりの法則を見つけることが大切です。構えだけでなく、下半身の使い方や胸、肩の使い方など自分なりの気づきが生まれ、安定した打点で打てるヒントをくれるはずです。

【関連記事】