Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保建英をジダンはどうするか。 レアルの来季補強の優先順位はこうだ

配信

webスポルティーバ

世界中を襲った新型コロナウィルスの感染拡大は、プロフットボーラーにとってもネガティブなものでしかなかった。しかし、誰もが苦境に陥るなかで、ネガティブをポジティブに変えて見せた者もいる。 厳選!華麗なる女子サッカープレーヤー8人  現在マジョルカでプレーする久保建英は、その典型と言っていいだろう。  実際、6月中旬から再開したラ・リーガにおける、久保のパフォーマンスは特筆すべきものがある。それを証明するかのように、久保は再開後の9試合すべてでスタメン出場を果たしている。  週2試合という超過密日程において、マジョルカのフィールドプレーヤーでスタメン出場を続けるのは、左サイドバックのアレハンドロ・ポソと久保のふたりのみ。指揮を執るビセンテ・モレーノ監督からの信頼の厚さがうかがえる。  もちろん、中断前の3試合もスタメン出場で2ゴール1アシストを記録するなど、上々のパフォーマンスを見せていたので予兆はあった。それでも、約3カ月にわたる中断期間を経ても、これだけのパフォーマンスを維持できているのだから驚きだ。プレーの質のみならず、その意識の高さも非凡であることがよくわかる。  いまやチームの顔にまで成長した"Take"久保には、当然ながら現地メディアも熱い視線を注いでいる。  とりわけ、レアル・マドリードからのレンタル期間が終了する今夏の動きは注目の的だ。現状、来季もレンタルでレアル以外のチームでプレーすることが規定路線とされているが、その一方で、マジョルカ残留の救世主にもなりそうな勢いの久保に対して、レアルでのプレーを望む声も増え始めている。  ただ、周知のとおり、そのハードルは低くはない。  リーグ戦再開後、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアルは目下9連勝中で、首位を快走。2位バルセロナとの勝ち点差は4ポイントで、2016-2017シーズン以来となるリーグ優勝は目前に迫っている。まさに「付け入る隙がない」という表現が相応しいほどの強さを誇っているのが、現在のレアルなのだ。

【関連記事】