Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【nano.RIPE インタビュー】みんなの中にnano.RIPEが住んでいるって思えていることが宝物

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
OKMusic

メジャーデビュー10周年を記念したベストアルバム『月に棲む星のうた ~nano.RIPE 10th Anniversary Best~』は“KIMIKO MELODY.”と“JUN MELODY.”という作曲者別に選曲した2枚組で、各盤には声優の伊藤かな恵と愛美をイメージした新曲も収録。そんな本作に込めた想いをきみコ(Vo&Gu)とササキジュン(Gu)が語ってくれる。 nano.RIPE インタビューのその他の写真

みんなに喜んでもらいたいので、その一心で作りました

──今回のベスト盤は昨年のツアー『せかいじゅのはな』のファイナル公演で2日間を作曲者別に分けて選曲した企画がもとになっていますが、アルバムとして制作してみていかがでしたか? ササキ:僕が作る曲ときみコが作る曲は似ていると以前は思っていたんですけど、実際に分けて聴き比べてみるとまったく違っていましたね。きみコの曲は全体に明るくて、逆に自分の曲はどこか暗くて、陰と陽に完全に分かれた感じがあるなと。こうしてカラーの違いがはっきりと分かったことは、僕にとって自信になりました。 きみコ:ジュンはよく言うよね。あたしの曲なのに、“これは俺の曲じゃないの?”って(笑)。 ササキ:「あとの花火」とかメロディーがきれいな曲だと、勝手に自分の手柄にしたくなっちゃって(笑)。 ──それぞれのテイストは違っても“nano.RIPEらしさ”は共通して持てているということですね。 きみコ:そうですね。それにジュンが作ったメロディーでも、自分が歌いやすいように少しずつ変えてしまっているものもあるので、ジュンのメロディーがあたしのメロディーではないということではないし。どっちが作ってもnano.RIPEだって思えます。 ──今作ではそれぞれ候補を2曲挙げてファンにTwitterで投票してもらうという企画もやっていましたね。 ササキ:僕は「タキオン」か「ローリエ」の二択で悩んで、これはファンに委ねるしかないと思って。「タキオン」に決まったんですけど、きっとライヴの印象で選んだ方が多いのかもしれないですね。ライヴで盛り上がる曲なんだけど、ずっとやっていないから欲しているのかなって。「ローリエ」は高校野球をイメージした曲だから、今の野球シーズンに聴くとグッときて、こっちもいいと思ったんですけどね…。 きみコ:発売の頃は高校野球終わってるし! みんなに決めてもらって良かったです(笑)。 ──きみコさんは「アイシー」と「うてな」ですよね。 きみコ:はい。「アイシー」は配信のみでしかリリースしていなかったし、「うてな」はここ最近書いた曲の中でも気に入っていたので、どっちがいいかなって。最終的に「アイシー」に決まったんですけど、「アイシー」はメンバーだった(青山)友樹が亡くなったことがあって書いた曲なので、とても思い入れの深い曲なんです。聴いてくれているみんなも思っていた以上に、この曲に思い入れを持ってくれていることが分かって嬉しかったですね。 ──10年一緒に歩んできた、ファンの想いも詰まったベストということですね。 きみコ:そうですね。曲を選ぶ時は、みんなの顔を思い浮かべながらでした。ぼくらが何を入れたいかよりも、みんなは何を入れてもらいたがっているのか…やっぱりみんなに喜んでもらいたいので、その一心で作りました。 ──そんな今作には新曲も収録されているのですが、“JUN MELODY.”の「スピカ」はツアーファイナルの時にゲストの愛美さんが歌ったロックチューンのセルフカバーで。 きみコ:「スピカ」は本当に反響が大きかったですね。ぼくらも手応えを感じた曲で、愛美ちゃんも喜んでくれて。ライヴ後から“いずれリリースしたいね”と言っていたのが、今回のタイミングになりました。“KIMIKO MELODY.”に収録した新曲「イトシキヒビ」は、「スピカ」の収録が決まってから作りました。 ササキ:「スピカ」をライヴで披露した時はワンコーラス半しかなかったんですけど、今回はフル尺で収録しています。曲としては愛美ちゃんが歌ってくれれば、愛美ちゃんの曲になるというイメージがあったので、nano.RIPEの曲を作るのと同じような感覚で作りました。 きみコ:「プラリネ」がそうだったからということだよね。 ササキ:そうそう。愛美ちゃんを意識しなくても愛美ちゃんの曲になるという確信があったから、いつも通りに作った感じです。コード進行もあえて手癖をそのまま出す感じで。今回はライヴの時よりもキーを半音上げているんですけど。 きみコ:ライヴの時に愛美ちゃんが余裕で歌ってたから、半音上げたほうが彼女の声のいいところがもっと出せると思って。 ──そもそも愛美さんはゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』に出てくるジュリアというキャラクターの声を演じていて、そのキャラクターソングの「プラリネ」と「アイル」をジュンさんが作曲し、きみコさんが作詞をしたという流れがあるんですよね。 きみコ:そうなんです。6年くらい前にジュリアの「流星群」という曲の歌詞を、あたしが担当させていただいたのが最初です。「スピカ」はジュリアと愛美ちゃんのふたりを曲の中に込めたいと思って、愛美ちゃんにいろいろ話を訊いて作詞をしました。愛美ちゃんにとってジュリアはどういう存在なのかとか、愛美ちゃんから聞いた話をギュッと詰め込んだので、本人もすごく喜んでくれました。 ──タイトルの“スピカ”というのは? きみコ:スピカは乙女座のもっとも明るい星のことで。ジュリアは頬に青い星が描いてあるキャラクターで、愛美ちゃんもジュリアとして歌う時は頬に青い星を描くんですね。星を描いている時は、愛美ちゃんにジュリアが降りて来ているような印象があって。それで青く光る星を調べたら乙女座のスピカだったという。あたしが歌うときは“愛美ちゃんとあたし”というイメージで歌っています。

最終更新:
OKMusic