Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富野由悠季×ドリカム・中村正人 『G-レコ』繋がりの2人が米津玄師の才能に嫉妬?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。8月20日(木)のお客様は、「機動戦士ガンダム」の産みの親でもあるアニメーション監督の富野由悠季さんとDREAMS COME TRUEの中村正人さん。お2人は劇場版「Gのレコンギスタ」繋がり。ここでは米津玄師とモーツァルトの“才能”について言及していきます。

◆才能がある人が、本当に羨ましい(富野)

中村:(富野)監督は才能の塊だと思っていますけど、才能がある人って誰かに勝ちたいとか、そう思っていない人が結構多いですよね。人と比べないというか、監督はどうですか? 富野:本当に才能がある人はそうでしょうね。才能がない僕みたいな人間はどうするかというと、「本当にあのヤロー、ぶっ殺してやろうか!!」とか思わない限り、絶対に物語のきっかけさえ出てこないの。 中村:(笑)。とにかく悔しいとか、誰かをやっつけてやるというモチベーションが物語の始まりなんですね? 富野:そうです。そういうのがまったくないところで、僕に作りたいものってないの。 中村:いやなんかね、監督と一緒だって言ったら本当に申し訳ないんですけど、僕は作りたいものってないんですよ。例えばドリカムだったら、「今、好きなことばっかりやっているでしょう」って言われるけど、「好きなことって何か」というと、やっぱり仕事をいただけること、いただいた仕事を自分の表現としてお返しすることしかなくて。 富野:まったくそうだね。 中村:(創作の)種を与えてもらうんですよね。その種は吉田(美和)から与えてもらうことが多くて、こういう曲をやりたいとか、こういう表現をしたいというようなね。例えば、監督にその種を与えるのは誰なんですか? 富野:誰もいなかったからつらかった……。 中村:(笑)。今ちょっと泣きそうになっていましたけど、誰もいなかった? 富野:誰もいなかった。 中村:それは、例えば手塚治虫先生は? 富野:手塚先生? 何を言っているの! あの人は僕が自分で手塚原作を「これは使えないから、作り変える!」って仕事をしたときからライバルだもん。だから「手塚をいつか黙らせる!!」っていう感じでね(笑)。 中村:やっぱりそっちのモチベーションなんですね(笑)。 富野:そうでなければ10年、20年とこんな仕事はやってられないよ。 中村:当時はまさに総監督が寝ずに働いていた頃ですよね。 富野:そうです。だから才能がある人は、本当に羨ましいと思う。だってドリカムの曲を聴いたときに、「1万人、2万人単位のリスナーに向かってライブをやる。それでやっているメンツが2人しかいないの? こいつら本当に殺してやろうか!」って思ったもん(笑)。 中村:僕は今、米津玄師君に対してそう思っていますけどね(笑)。米津君は全部自分でやられますからね。またジャケットの絵が上手でしょう? 富野:上手ですよね。 中村:あんなに歌が上手で、あんなにパフォーマンスが素晴らしいのに最初はボカロですよ。「それはないだろう」って! 後出しジャンケンみたいなものですよね。 富野:それこそ米津さんといえば、「自分はアレンジなんてはじめはまったくわからなかった」って平気で言うじゃない。「ちょっと待ってくれよ……」ってさ。 中村:本当ですよね。 富野:「ふざけてないか?」って思ったもん。だけどさ、あれこそがまさしく“才能”だっていうことが理解できるようになってきたし、わかるようになってくると……、あー余計な話になりそうだから我慢する(笑)。 中村:いや、今日はもうお互いに飲んでしゃべっているんですから、何でも言ってください。もし何かあったら、マイクを切っちゃいますから(笑)。何か最近つらいことがあったんじゃないですか(笑)? 今日はどうしたんですか? 富野:もうこんな感じで10年くらいずっとつらいよ。楽しいことなんてほとんどないもん。 中村:(笑)。そうですよね、わかりますよ。

【関連記事】