Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自由な旅も本の世界なら 子どもたちに夏休みの楽しみを、三郷で学校図書館を開放 絵本の読み聞かせも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 夏休みを利用して本に親しんでもらおうと、埼玉県三郷市内の各学校で1日から17日まで、図書館が開放された。読み聞かせ体験も行われ、参加した子どもたちは熱心に聞き入っていた。 <新型コロナ>さいたま市立図書館、17施設で予約図書を受け渡し 利用者に笑顔「ずっと待っていた」

 市教委指導課は「新型コロナウイルスの感染拡大により、旅行をするにも配慮が必要だが、本の世界なら自由に旅することができる。子どもたちに少しでも夏休みの楽しみを届けられたら」と企画理由を説明する。  市立幸房小学校(小林和雄校長)では、新型コロナウイルス感染症対策に配慮しながら、児童クラブに通う1、2年生を対象に、本の紹介などを実施。図書館に集まった約20人の児童たちを前に、学校司書の高木理恵子さんが、植物やおばけをテーマにした大型絵本の読み聞かせなどを行った。  参加した子どもたちは本の世界に親しみ、「楽しかった」と満足げ。高木さんは「夏休みらしくおばけがテーマの本を選んだ。子どもたちに楽しんでもらえたら」と話していた。

【関連記事】