Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジャブ1発で大の字KO 3団体統一王者の“戦慄の左”に海外衝撃「特別パワフルだ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

ジャーメル・チャーロが強烈左ジャブで8回KO勝ち

 ボクシングの世界スーパーウエルター級3団体統一戦が26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、WBC王者のジャーメル・チャーロ(米国)がIBF&WBAスーパー王者ジェイソン・ロサリオ(ドミニカ共和国)に8回KO勝ち。統一王者となった。左ジャブでボディーを打ちぬいた衝撃のKOシーンを米メディアが動画で公開。海外ファンからは「特別パワフル」「映画のセットみたい」などと反響が寄せられている。 【動画】「特別パワフルだ」「映画のセットみたい」と海外衝撃! 左ジャブで相手は大の字ダウン…チャーロの8回KO勝ちの実際のシーン  規格外のパワーだ。8回、チャーロはガードを固めた相手のボディー目掛けて、左ジャブを打ちぬいた。次の瞬間、一撃を食らったロサリオは後ろ向きに大の字でダウン。勝利を確信したチャーロはガッツポーズだ。一方、ジャブとは思えない強打を食らったロサリオは悶絶。必死に立ち上がろうとするも、苦悶の表情で再度マットに倒れ、レフェリーが試合を止めた。  実際の動画を米スポーツチャンネル「ショータイムボクシング」公式インスタグラムが公開。「ジャーメル・チャーロがボディ・スナッチングKOで統一王者に」と文面につづって投稿している。恐ろしいKO劇に、海外ファンからは「半殺し……」「チャーロは、特別パワフルなジャブの持ち主だから」「戦士だ!」「映画のセットみたいに見える」「なんというKO」「Wow強いジャブ。体のパワーをジャブに伝えてる」「パーフェクト」「ボディにジャブ」「ソファに座りながら痛そうと思って見てた」などと反響が寄せられている。  この日は双子の兄ジャモールもWBC世界ミドル級タイトルマッチで同級1位セルゲイ・デレビヤンチェンコに勝利。4度目の防衛を果たし、兄弟での世界戦勝利を達成していた。

THE ANSWER編集部

【関連記事】