Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロタウイルスワクチン、時期が来たら必ず接種を。10月の定期化まで待たないで! 小児科医

配信

たまひよONLINE

重症化すると死に至ることもある怖い病気“ロタウイルス胃腸炎”。予防接種を受ける大きな意味をあらためて知っておきましょう! 「小児科医 太田文夫が今伝えたいこと」第8回 【マンガ】こ、こぼさないで!高級な予防接種をほとんどこぼした話

10月からロタウイルスワクチンが定期接種化することを知っていますか?

ロタウイルスワクチンは、2020年10月から定期接種に変わります。定期化の対象となる、2020年8月1日以降に生まれた赤ちゃんは、定期化によって自治体からの補助が増え、無料もしくはあまり費用がかかることなく受けられることになるので朗報といえるでしょう。

時期が来たら必ず接種を。10月まで接種を控えることは避けて!

ロタウイルスワクチンは接種していないと、ロタウイルス胃腸炎にかかった時に重症になる可能性があります。しかし、副反応の発生リスクを考慮して、接種できる時期が厳密に決められているワクチンです。 定期化の対象にならない、7月生まれまでの赤ちゃんは、任意接種で接種費用がかかりますが、個人防衛するためには、接種時期が来たら、10月を待たずに費用を負担してでもぜひ接種をしてほしいと思います。

症状が進行すると、死に至ることもある怖いロタウイルス胃腸炎

世界中のほぼすべての人類は2歳までにロタウイルスに感染し、その後何回もかかっています。とくに一回目、二回目の感染での重症化が問題になっている疾患で、その重症化を防げるのが予防接種です。 ワクチンがなかったころは、症状が強いと、激しい嘔吐・下痢に引き続き、脱水症になり、さらに腎不全に進行し、死に至ることもありました。

胃腸炎から脱水症に…。 病院に到着するまでに命を落としてしまった子も

私は以前、救急患者も受け入れている病院に勤務をしていました。電話の連絡があり「ロタウイルス胃腸炎による脱水症」というお子さんを待っていたのですが、病院に到着したときにはすでに意識がなくて、治療の甲斐もなく、亡くなってしまったお子さんを診たこともありました。 昨日まで元気だった子が、あっという間に命を落としてしまうこともある病気なのです。

ロタウイルス胃腸炎からの脱水症は さまざまな症状を引き起こす

ワクチンがない時代、ロタウイルス胃腸炎流行時には、下痢と嘔吐を訴えてくるお子さんを診ることは本当に不安でした。症状はひどくないだろうか、食事はとれているだろうか、体重は減っていないだろうか…など、心配の種がつきませんでした。 脱水がひどいと、写真の子のように、目が落ちくぼみ、皮膚の張りが低下します。(写真1。2参照) ロタウイルスは、脳症をおこすこともあり、その発症者数はインフルエンザ、突発性発疹(HHV-6)に次いで3番目に多いことが知られている怖い感染症なのです。 (脳症発症率のグラフ参照)

【関連記事】