Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ポールは我慢して欲しい」ユナイテッドファン、ポグバがコウチーニョの二の舞になることを心配

配信

SPORT.es

マンチェスター・ユナイテッドのファンは、チームのスター選手の一人であるポール・ポグバが、2018年1月にリヴァプールからバルセロナに移籍したフィリペ・コウチーニョと同じ過ちを犯さないか心配している。 ポグバとユナイテッドの契約の新たな情報が判明 フランス人MFは、昨年夏から古巣であるユヴェントスやレアル・マドリーへの移籍が盛んに報じられている。それはこの夏を前にしても同様で、レッドデビルズのファンは、ポグバにオールド・トラッフォードでの将来を検討するようソーシャルネットワーク上で訴えている。 彼らは、ポグバがカンプ・ノウで1年半プレーした後、バイエルン・ミュンヘンでも満足のいく活躍ができなかったコウチーニョの二の舞になることを恐れている。 『Daily Evpress』が公開したユナイテッドファンによるポグバへの“訴え”のなかで、一人のファンは「コウチーニョは今、リヴァプールを離れたことを後悔している。マンチェスターを愛しているのなら、ポールは我慢して欲しい。オーレ・グンナー・スールシャールとの進歩を見て欲しい」と主張する。 「人生とはリスクを取ることだ」という詩人のような別のファンは、「コウチーニョはうまくいかなかった。ポグバも同じことになるかもしれない...。しかし、ポグバは学ぶべきだ。ユナイテッドは浮上してきており、彼の存在感は大きい」 さらにもう一人のファンは、「ポール・ポグバがコウチーニョの置かれている状況を見て、そこから学ぶことを願っている」と記している。 ポール・ポグバとマンチェスター・ユナイテッドの契約は2021年6月で終了する。契約延長の交渉には応じていないことで、退団は近づいているように思えるが、ユナイテッドファンの想いは届くだろうか。

SPORT

【関連記事】