Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘンリー王子とメーガン妃、命日に忘れな草を植えてダイアナ元妃を偲ぶ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ELLE ONLINE

王室を離脱しカリフォルニアのモンテシーノで新生活を始めたヘンリー王子とメーガン妃。現地時間8月31日(月)にロサンゼルスにあるプレスクール・ラーニングセンターを訪問した。この日2人はここに通う子どもたちや先生たちと一緒にガーデニングに参加。花壇にペチュニアやスイートピー、トマトやほうれん草など花や野菜の種や苗を植えるのを手伝った。

8月31日はダイアナ元妃の23回目の命日。ヘンリー王子はダイアナ元妃の愛した花、忘れな草の種を持参してこの花壇に植えていた。忘れな草はヘンリー王子とメーガン妃にとってダイアナ元妃を象徴する大切な花。結婚式のブーケにも使われていたし、愛息子アーチーが生まれた直後の母の日にインスタグラムに投稿した画像の背景にも写っていた。

花壇での作業の後には、子どもたちへの絵本の読み聞かせにも参加したヘンリー王子とメーガン妃。ガーデニングにちなんで『ジャックと豆の木』を読んで聞かせたという。

ちなみにこのプレスクール・ラーニングセンターはアシスタンス・リーグ・オブ・ロサンゼルスというチャリティ組織が運営、経済的に苦しい家庭の子どもたちを支援することを目的としている。先月ヘンリー王子とメーガン妃が参加した子どもたちに学用品や食べ物をプレゼントするボランティア活動もこのチャリティ組織が行ったもの。メーガン妃が通ったイマキュレート・ハート高校はこのラーニングセンターの近くにあるという。 王室離脱後、地域密着型のボランティアにも積極的に参加している王子と妃。次はどこに現れるのか要注目。

【関連記事】