Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【最年少冠へ】藤井聡太七段 佐藤天彦九段戦始まる 挑戦記録更新まであと2勝 棋聖戦決勝トーナメント準決勝

配信

中日スポーツ

 将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(17)は2日、第91期棋聖戦決勝トーナメント準決勝・佐藤天彦九段(32)戦に登場。対局は午前10時から東京・千駄ケ谷の将棋会館で始まっている。持ち時間は各4時間で使い切ると1分将棋。先後は振り駒の結果、藤井七段の先手となった。戦型は角換わりに進んでいる。 【写真】藤井七段の後ろには師匠の姿が…  長距離移動制限明けの藤井七段は、4月10日の王位リーグ(中日新聞社主催)白組4回戦・菅井竜也八段(27)戦以来、53日ぶりの実戦で大一番に臨む。緊急事態宣言が5月25日に全面解除されたことで、渡辺明棋聖(36)に挑む棋聖戦5番勝負は6月8日開幕に。これにより本局と4日の決勝に勝てば、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル挑戦記録(17歳10カ月24日)を4日間更新する可能性が復活。これを追い風にできるかに注目が集まる。  名人3期の実績を誇る佐藤天彦九段とは2度目の対戦。初顔合わせは2018年1月14日の朝日杯本戦トーナメント準々決勝。名古屋会場での公開対局で、時の名人を中学生四段が撃破するという金星を挙げた一戦だった。この後、藤井七段が準決勝で羽生善治九段(49)、決勝で広瀬章人八段(33)に勝って棋戦初Vを飾ったのは記憶に新しい。  準決勝のもう1局、永瀬拓矢二冠(27)―山崎隆之八段(39)戦も同時に将棋会館で行われている。

【関連記事】