Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

御朱印集めの次は…鉄ちゃんの友「鉄印帳」で全国を巡る

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 数年前から若い女性にも人気になっている「御朱印」集め。寺院や神社を巡り、御朱印帳に押印や墨書きを入れてもらうものだ。 ■三セク40社が連携  第三セクター鉄道等協議会は、御朱印ならぬ「鉄印帳」事業を始めると発表した。「鉄印帳」は全国各地の三セク鉄道を回って手書きサインなどを集める。新型コロナウイルスの影響で乗客減に苦しむ全国の三セク40社が連携し、鉄道の利用増や地域活性化につなげる。  鉄印帳は1冊2200円。指定の駅窓口に鉄印帳を持っていくと、手書きやスタンプで「鉄印」を記帳してもらえる。記帳料は300円から。デザインは各社で異なる。40社の鉄印をすべて集めるとシリアル番号入りカードを有料で発行する。  鉄印帳は7月10日から各社の駅窓口などで販売する。また、日本旅行と読売旅行は鉄印帳を組み込んだツアーなどを企画し、支援する。  東京都内で23日に記者会見した三陸鉄道(岩手県宮古市)の中村一郎社長は「鉄印帳をきっかけに、変化に富んだ40社の鉄道の旅を楽しんでほしい」と語った。

【関連記事】