Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トルコ旅客機が着陸失敗、機体3つに折れ3人死亡 179人負傷

配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【2月6日 AFP】(更新)トルコ・イスタンブールのサビハ・ギョクチェン(Sabiha Gokcen)空港で5日、格安航空会社(LCC)ペガサス航空(Pegasus Airlines)の旅客機が着陸の際に滑走路から外れ、ファフレッティン・コジャ(Fahrettin Koca)保健相によるとトルコ人3人が死亡、179人が負傷した。当時は悪天候で、事故機は機体が3つに折れ、一時は火災も発生した。  トルコの民放テレビNTVによると、事故を起こしたのはエーゲ海(Aegean Sea)沿岸の都市イズミル(Izmir)発イスタンブール行きのボーイング(Boeing)737型機。当時イスタンブールは暴風雨に見舞われており、その影響で機体があおられたとみられる。  地元テレビ局が報じた映像には、機体にできた大きな亀裂を乗り越えて翼の上に脱出する人々の様子が映し出されている。  イスタンブール県のアリ・イェルリカヤ(Ali Yerlikaya)知事によれば、滑走路を外れた機体は「60メートルほど滑り」、その後土手を「30~40メートル滑落した」という。  アナトリア(Anadolu)通信によると、事故機には乗客177人と乗員6人が乗っていた。これに先立ち地元当局は、乗客乗員177人が搭乗していたと発表していた。(c)AFPBB News

【関連記事】