Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ボールと言われればボールですから…」先発松葉は「何とかして抑えなければ」【与田監督一問一答】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

◇14日 巨人6-1中日(東京ドーム)

 中日は14日、東京ドームでの巨人戦に1―6で敗れた。先発松葉貴大投手(30)が4イニング3失点と振るわなかった。与田剛監督も報道陣との電話取材で悔しさをにじませた。          ◇  ◇  ◇  ―松葉のピッチングについて  「今日はちょっとボール先行が多かったのかなと思います。際どいところをうまくストライク取れなかったところもあったのですが、ボール先行という場面はちょっと目立った気がします」  ―ウィーラーに本塁打を打たれた時もカウント2―2からの次の球がボールと判定され、最後の球が甘くなった  「確かにまだ映像は確認してませんが、ただボールと言われればボールですから、その次のボールを何とかして抑えなければいけないところでした」  ―打線は5回のチャンスが惜しかった。無死一、二塁から井領が送れなかったのが痛い  「もちろん0―3という状況でしたけど、やっぱりまだ中盤1点でも返せばというところで、やっぱあそこは、何とか決めてほしかったところですね」  ―アルモンテが1軍に合流して、右翼を守った。守備については?  「特に今日は問題なく見てましたけど」  ―彼の守備が大丈夫であれば、福田左翼、アルモンテが右翼という攻撃的な布陣も組める  「そういうバリエーションは広がっていくと思います」  ―木下雄が1軍初登板  「先頭打者のところはちょっと変化球に頼りすぎてもったいなかったなという印象でしたけど、非常に力のある真っすぐ、これはすごく楽しみだと思います」

【関連記事】