Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あまりの惨状に「思わず二度見」、誰にも助けてもらえなかった地域猫の“運命”は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 NPO法人『ねこけん』のブログは、猫を保護した際のリアルな状況、悲惨な姿まで隠すことなく伝えており、多くの読者に動物愛護の必要性を問いかけている。地域猫だった通称『にどみちゃん』の惨状にも、多くの反響が集まった。当時の状況について、あらためて代表理事・溝上奈緒子氏に取材。その後の様子についても聞いた。 【写真】あまりの姿に「思わず二度見」、誰にも助けてもらえなかった地域猫のその後 ■大きな毛玉のせいで神経にも異常…悲惨な地域猫「それがこの子の運命ですから」  その姿は、まるで妖怪のようだった。体中にこぶのようなものがあり、とても普通の猫には見えない。保護に向かったボランティアメンバーが思わず“二度見”してしまったことから、この猫は『にどみちゃん』と名付けられた。  保護後によく見てみると、猫にぶら下がっていたこぶのようなものは大きな毛玉だった。「きっと動くたびに毛が引きつって痛かったでしょうね」という溝上氏が自ら、にどみちゃんの毛を剃り始める。身体中が毛玉になり身動きが取れずにいたようで、四肢の筋肉は落ち、神経にも異常が出てしまっていたと、ブログには悲しい現実が綴られていた。  バリカンで慎重に毛が刈られ、ようやく毛玉の鎧から脱出。ケガしていた後ろ右足にも、治療が施された。溝上氏はブログの中で「もう外には出ていかなくて良いんだよ」と優しく語りかけている。こうして『ねこけん』の保護猫になったにどみちゃん。丸刈りでまるでスフィンクスのような姿だが、ご飯も食べられるようになった。  「この子にはVカットが入っていました。地域猫だったんです」と溝上氏は当時を振り返る。Vカットとは、耳の先端がV字にカットされていることで、不妊手術を受けた目印。飼い主がいなく、地域住民やボランティアが見ている猫のことを地域猫という。  溝上氏は、地域で猫の世話をしていた人に話を聞いたそうだ。  「『こういう状態になってしまっていたのに、どうにかしてあげようとは思わなかったんですか? たとえ地域猫であっても、ご飯をあげているんだったら、きちんとケアをしてあげるべきじゃないんですか?』と、聞きました。するとその人は、『それがこの子の運命ですから』とおっしゃっていました」。  確かに、餌をあげていたからといって、猫のすべてをケアできる人ばかりではない。だが、にどみちゃんの姿は、あまりにもひどかった。溝上氏は「ならば、その運命を変えましょう。それもまたこの子の運命ですから」と言い切ったそうだ。

【関連記事】