Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【開発秘話聞いてきました】G-SHOCK 初、心拍計・GPS 搭載をした注目の新シリーズ“G スクワッド”

配信

ウオッチライフニュース

【メイン機能の紹介】

 カシオが誇る大ヒットシリーズ“G-SHOCK(G ショック)”。その人気の理由はひと目でわかるアイコニックなデザインに加え、防水性や耐衝撃性といったタフネス性能を備えている点といえるだろう。  2020年2月、そんなGショックから注目の新モデル“GBD-H1000”が発表。そして本日5月22日(金)に発売された。  本作は、“G ショックユーザーに向けた、トレーニングと日常使いどちらでも活躍する多機能ウオッチ”というコンセプトのもと開発。本格的なトレーニングを行っている人から、健康維持に役立てたい人もターゲットとなる時計を目指した。  人気のGショックの新シリーズが出るということで、非常に興味を持っていた筆者。今回の商品の一番の注目ポイントについて、開発にあたり取りまとめ役として指揮を執った牛山さんに話しを伺った。  「本作で特に注目してほしいのが、GPS 機能と心拍計の機能が搭載されたことです。特にGPS と心拍計を同時に搭載したのはG-SHOCKで初めての採用となります。この二つが備わったことにより、トレーニングの際の重要な指標となる“運動強度”と“最大酸素摂取量”が計測できるようになりました」(商品企画部チーフ・エンジニア牛山さん)  各担当者、本当に大変だったと思います。牛山さんのその言葉に、その場にいた他の開発者のなかには、その過程を思い出すかのようにうなずく人も。  そして今回特別に、そんな各開発担当者に直接話を聞くことができた。開発にあたって苦労したポイントや工夫したところなどの開発当時の話しを交えつつ、その機能を紹介していく。

【注目ポイント1:GPS と心拍計を搭載した狙い】

 「GPS と心拍計両方を搭載したことで、本来自分がもっている体力のうち、どの程度体に負担をかけて運動をしているのかを示す“運動強度”と、運動中に取り込める単位時間当たりの酸素量“最大酸素摂取量”を計算できるようになりました。二つのデータを元に、個人に合ったトレーニングプランを、アプリケーション上で作成することができます」(APプロジェクト・チーフエンジニア東別府さん)  イージーモードからハードモードまで様々なレベルを選択の上、1 週間分のトレーニングプランを立ててくれるこのアプリケーション機能。トレーニングにあてる曜日をこちらで指定しておけば、自分の都合に合わせて柔軟なプランニングも可能だ。またスマートフォン上にて、トレーニングの分析データや移動軌跡、消費カロリーなども確認することもできる。  このように様々な機能を搭載した本モデルだが、操作方法はホーム、アクティビティー、そのほか時刻の設定などができる三つのボタンのみと、いたってシンプル。初めてトレーニングアプリに触れた人でも扱いやすいように配慮されている。  もうひとつ注目ポイントなのが、トレーニングを予定通りに達成できなかったときのリプランニング機能だ。  「あくまで継続のしやすさを重視して開発しました。目標が達成できなかった場合でも、結果をフィードバックしてより取り組みやすいプランを再作成することで、心理的な負担が少なくなるよう工夫しました」(東別府さん)  なかには健康を保っていくためのトレーニングとして、精神的なモチベーションを高める後押しをしたいと語った東別府さん。自らもハーフマラソンの出場を目指して、Gスクワッドを活用してトレーニング中だという。“トレーニングを始める”というとどうしてもハードルが高くなりがちだが、これなら健康管理ツールとして、気軽に始められそうだ。  このように最新技術を搭載している本作だが、G ショックとしての機能もしっかり備えている。それが表れているもののひとつが、防水性能だ。

【関連記事】