Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

左ヒザを痛めながら72ホール目で劇的バーディ! タイガー史上最高のガッツポーズはこれだ【現場カメラの“こぼれ話”】

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、なかなか試合の臨場感を伝えることができない状況が続いています。そこで、少しでもツアーへの思いを馳せてもらおうと、ツアーカメラマンの思い出の一枚を紹介。今週の米国男子ツアーは「RBCヘリテージ」が行われていますが、本来は「全米オープン」が開催されているはずでした(全米OPは9月に延期)。そこで今回は、ツアーカメラマン歴32年、海外だけで200を超える試合を撮影してきた米山聡明氏に、タイガー・ウッズ(米国)が優勝した2008年の「全米オープン」を振り返ってもらった。 体への負担を減らすスイング改造で復活! ウッズのドライバーショット【連続写真】 ―――― 私はこれまでタイガーがメジャーで勝つのを8回くらい撮っています(注1)。その中でも、最終日72ホール目のバーディを決めたこの一枚が、とにかく一番すごいガッツポーズでした。あのバーディで先にホールアウトしていたロッコ・メディエイトに追いついて、プレーオフに持ち込んだのです(注2)。 伏線としてあるのは、2008年の会場はタイガーが得意なトリーパインズGCだったこと。ビュイック招待もやっていたし、あそこでトータル8勝している(注3)。しかも、左ヒザの手術をした直後のメジャーだったのです(注4)。タイガーはドライバーで強振するたびに、左ヒザを痛そうにしていました。それなのに全米オープンだから、翌日にプレーオフで18ホール回らなきゃいけなくなってしまった。結局18ホールで終わらずに、19ホール目でやっと決着がついたんです。 昨年のマスターズに勝つまで、それが最後のメジャー優勝だったんですよね。私も2008年を最後に海外メジャーには行っていません。これまでのタイガーの実績はもちろんすごいけど、被写体としてもすごく魅力的。フォトジェニックなんです。やっぱりティショットが曲がるから、タイガーのゴルフは面白いんでしょうね。 当時はクラブが違うし、攻め方も違いますから、ミスショットとスーパーショットが交互に来るのが一番盛り上がった。それがタイガー。ティショットが曲がる、次のリカバリーがスーパーショット、それを積み重ねて勝っちゃうわけだから見ているほうは面白い。ティショットはフェアウェイの真ん中に置いて、セカンドはショートアイアンでグリーンの真ん中っていうのが、一番スコアが出るんでしょうけど、“SHOW“としては面白くないわけです。 そう考えると、タイガーはまさにエンターテインメント。どこを見て狙っているんだろうっていうところから、とんでもないショットでピンにつけてくる。私が海外に行っていたときはタイガーも若かったし、ギャンブル的なスーパーショットがあったから、本人も勝ったときの喜びはひとしおなんだろうと思っています。 (注1)ウッズはメジャー通算15勝を挙げているので、米山氏はその半分以上を撮っていることになる。 (注2)最終日の18番パー5、トップでホールアウトしたメディエイトに追いつくためには、バーディが絶対条件。ウッズはティショットを左のフェアウェイバンカーに入れ、2打目はレイアップして右のラフへ。もう絶体絶命かと思われたが、3打目をピン横4メートルにつけ、難しいフックラインねじ込んでバーディ。写真のガッツポーズとなった。 (注3)ウッズはトリーパインズGCで行われた「ビュイック招待」、名称が変わった「ファーマーズ・インシュランス・オープン」、そして「全米オープン」で計8勝を挙げている。 (注4)ウッズは2008年4月のマスターズで2位になった後、左ヒザの手術に踏み切り、リハビリのためにその後の試合を欠場。復帰戦が6月の全米オープンだった。しかし、得意なトリーパインズGCに何とか間に合わせただけで、万全な状態ではなかった。結局、全米オープン優勝後に左ヒザの再手術を行い、それと同時に左足脛骨の疲労骨折も発覚。勝利と引き換えにシーズンの残りの試合をすべて欠場することになった。 <ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】