Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

社会保障ではない「ベーシックインカム」を考えるべき~青山繁晴

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月10日放送)に作家で自由民主党参議院議員の青山繁晴が出演。自民党総裁選について解説した。

自由民主党総裁選、公開討論会で論戦

石破茂候補)納得と共感ということを掲げました。「そうだね」というように国民が思ってくれる、「一緒にやろう」という共感を持ってくれる。そういう日本をつくりたいと思っております。 菅義偉候補)経済、地方、子育て、そしてポストコロナ後のデジタル化、あるいはサプライチェーンという新しい目標ができました。こうしたことに向かって、この国を前に進めて行きたいと思います。 岸田文雄候補)国民の協力を引き出すリーダーでありたいと思います。オール自民党でドリームチームをつくって、最高のパフォーマンスを発揮しなくてはなりません。   飯田)お聞きいただいたのは、9月9日に行われた自民党総裁選の公開討論会で、石破元幹事長、菅官房長官、岸田政調会長、3人の決意表明でのコメントです。それぞれの考えを訴える場でありました。あの場は女性局と青年局の主催ということでしたので、青山さんも女性局の局長代理として参加されていました。 青山)女性局の局長代理をやるというのは、男性では参議院で初めてです。ですので、座っていなくてはいけない席に座っていました。 飯田)ある意味、主催者側の席でした。つぶさにご覧になっていたと思うのですが、まずどうご覧になりましたか?

石破氏~自らをなぞらえたら「迫害された明智光秀、石田三成」

青山)いちばん面白かった質問は、よくあるものではありますが、地方の男性の方からいただいた「歴史上の人物に自分をなぞらえたら誰ですか?」という趣旨の質問でした。石破さんの答えがいちばん強烈な印象だったのですが、迫害された明智光秀、石田三成という名前を挙げられていました。いまは迫害されていても、やがて歴史で評価されるということを、すごく怖い顔でおっしゃったので、思わず周りの議員と顔を見合わせました。迫害されているという気持ちなのかと。あそこが石破さんのいいところでもあるのです。本音が出たのです。そして、菅さんは結局名前を挙げず、岸田さんは徳川家康と池田勇人。そのまま個性が出たな、という感じがしました。

【関連記事】