Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

角田陽一郎×山口隆(サンボマスター)「その時代にできる一番美しいことをやれたらいいな」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』など、数多くの人気番組を手がけてきたバラエティプロデューサー角田陽一郎氏が聞き手となり、著名人の映画体験をひもとく『角田陽一郎のMoving Movies~その映画が人生を動かす~』。 【画像】山口隆さんの人生を動かした映画 前回に引き続き、サンボマスターの山口隆さんが登場。来年1月に開催を予定する横アリライブについて聞きました! * * * ――思春期に印象に残った映像作品はありますか? 山口 いっぱいありますよ。邦画だと、監督が市川崑(こん)さん、主演が萩原健一さんの『股旅』(1973年)は衝撃でした。ほかにも『男はつらいよ』シリーズも好きだし、井筒和幸監督の『ガキ帝国』(1981年)や大島渚監督の『新宿泥棒日記』(1969年)、あとは『社長シリーズ』もすごく好きでしたね。 洋画だと、ダスティン・ホフマンさんの作品を好きになることが多くて。特に『真夜中のカーボーイ』(1969年)とか。この作品のジョン・ヴォイトさん、『ふぞろいの林檎たち』シリーズの中井貴一さんは、すごい青春な感じがありましたよねえ。あとは『三十四丁目の奇蹟』(1948年)とかも好きです。 ――最近の作品はいかがですか? 山口 北野武監督の作品はどれも大好きですけど、最近の作品も最高です。『アウトレイジ』シリーズもそうだし、『龍三と七人の子分たち』(2015年)も大好き。北野映画は自分に電流を浴びせ続けてくれる存在だと思っているんです。『監督ばんざい!』(2007年)の映画の応援歌として僕らの音楽を起用していただいたときはうれしかったなあ。 ――ところで、「映画に影響を受けて作った曲」ってあるんですか? 山口 答えるのが難しい問いかけですね......。言葉にできないモノを映画からいっぱい受けているのは間違いないけど、僕は音楽を書けるときにザーッと書くというスタイルで。

【関連記事】