Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

300万円にしては装備良すぎ!? パパへ勧めるマツダ CX-30の神グレード

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

まだまだ子育て真っ只中の30代。ファミリーカーを買い換えるなら、普段の買い物や送り迎えで走る市街地でも扱いやすく、休日のキャンプやアウトドアスポーツでも頼りになり、なおかつデザインもモダンで夫婦のデートにもぴったりな、コンパクトSUVのマツダ CX-30がオススメです。 ■内装の高級感が半端じゃない! 外車も顔負けな室内がコチラ

▼前回はホンダ 新型フィットを紹介! 関連記事をチェック▼

200万円台から選べる! 30代パパへおすすめのSUV マツダ CX-30

CX-30でまず悩むのが、3タイプあるパワートレインでしょう。もっともベーシックと言えるのが、2.0Lのガソリンエンジン。価格は「20S」の239万2500円からとなっています。 次が、低速からの力強いトルクが手に入る1.8Lディーゼルエンジン。「XD PROACTIV」が288万7500円からと、49万5000円アップです。 そして世界初の技術が搭載された2.0L+モーターの新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV X」は、「X PROACTIV」が329万4500円から。ガソリンモデルからは90万2000円アップ、ディーゼルモデルからは40万7000円アップとなっています。 これでわかる通り、CX-30のデザインや使い勝手に惚れ込んで購入するなら、最もコスパがいいのはガソリンモデルです。

ファミリーで長く乗るならディーゼルモデルを! 燃料費の安さは圧倒的

「20S」はさすがに快適装備がいろいろ手薄なので、その上の「20S PROACTIV」にしても261万2500円。ディーゼルの同グレードと装備内容はまったく同等ながら、価格は27万5000円もリーズナブルです。 ただ、ディーゼルの場合は購入時にかかる重量税が免税(2021年4月30日まで)、環境性能別の自動車税が非課税(2021年3月31日まで)になるので、価格差はもう少し小さくなります。 また、燃料がレギュラーガソリンと軽油でも1Lあたり20円~30円ほどの差があるので、長く乗ればほとんど価格差はなくなってくる可能性が高いのです。 そうなると、家族全員が乗って出かけたり、荷物を満載にしてもパワフルで、燃費も優秀なディーゼルエンジンの方が、ファミリーにはメリットが多いのかなと思います。 ■まだまだ高いSKYACTIV X、相当なこだわりがない限りは選択肢から外してOK 一方で、世界初の技術は魅力的だけど、90万円アップって高すぎる~と思いがちな新世代ガソリンエンジン SKYACTIV X。はい、その通りだと思います。 よっぽど走りのフィーリングにこだわる人や、新世代のパワートレインに興味のある人にはいいかもしれませんが、ファミリーで使うならあえて高額を出してまで手に入れなくてもいいのではないでしょうか。

【関連記事】

最終更新:
MOTA