Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

崖っぷち残留のFW大迫に森保監督賛辞「難しい戦いでチーム貢献、存在示した」

配信

中日スポーツ

 サッカー日本代表とUー23日本代表の指揮を兼務する森保一監督(51)が7日、オンラインで取材に応じ、崖っぷちからドイツ1部リーグ残留を果たしたブレーメンのFW大迫勇也(30)に賛辞を贈った。  最終節の2得点を含む自身最多の1シーズン8得点をたたき出した日本代表のエースについて、指揮官は「残留という難しい戦いでチームに貢献し、彼の存在をチーム内外に示した」と絶賛。「メンタル的にもきつい中、チームの目標に貢献する素晴らしい活躍だった」と目を細めた。

【関連記事】