Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Sexy Zone 菊池風磨、特別番組『世界 禁断の運び屋』でMCに ゴールデンプライム帯のバラエティでは初

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 バラエティ特別番組『世界 禁断の運び屋』(フジテレビ系)に、菊池風磨(Sexy Zone)がMCを務め、バカリズム、滝沢カレンが出演することが決定した。  ゴールデンプライム帯のバラエティ番組で、菊池がMCを務めるのは初。そんな菊池がバカリズム、滝沢とともに、人間から動物、最先端のドローンまで地球上に存在するすべての“運び屋たち”に迫っていく。今回、世界初の最新型ドローンを利用した臓器輸送、“日本の公道を走る中でいちばん長い”という全長50メートル、重さ300トンにも及ぶ巨大風車輸送などに完全密着。同行したカメラマンが撮影した映像以外に、実際に作業されている方にカメラを装着させていただいて撮影した“運び屋Eye”の臨場感あふれる映像も。ミスをすれば命にも関わる現場の緊張感が伝わり、スタジオの3人も真剣な様子で見守る。  一方、巨大トレーラーで一軒家丸ごと運ぶオーストラリアで人気の引っ越し請負人や、不安定な泥道を夫が妻をおんぶなどして運ぶ“奥様運び選手権”など、ハラハラさせられたり思わず笑ってしまったりする運び屋たちも登場。日本では考えもつかないような、大胆な海外の運び屋にバカリズムは「お国柄がみえるね」と驚く。  また、スタジオでは、自身の印象的な“運び屋”のエピソードも披露。菊池は「人生でいちばん怖かった運び屋は、ジャニーさん」と告白し、バカリズム、滝沢は興味津々。ほかにも、バカリズムが自身の“運び屋”失敗エピソードとして「中学生の頃のお弁当。中身が偏っちゃっていて」といい、笑いを誘う。滝沢は“運び屋ルーティン”として欠かさずやっていることなどを明かす。

リアルサウンド編集部

【関連記事】