Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年夏、ついに〈星のや沖縄〉が開業!

配信

Casa BRUTUS.com

星野リゾートが展開するラグジュアリーリゾートブランド〈星のや〉の8軒目の施設となる〈星のや沖縄〉が7月1日、沖縄県・読谷村にオープンする。 那覇空港から車で約1時間の沖縄県・読谷村。その海岸線に寄り添うように建つ〈星のや沖縄〉は、刻々と移り変わる沖縄の海の色を眺めながら暮らすように滞在できるのが特徴だ。新型コロナウイルス感染拡大を受けオープン延期となっていた施設が7月、ついにオープンする。 施設のコンセプトは「グスクの居館」だ。「グスク(城)」とは、沖縄や奄美諸島に残されている史跡のこと。多くは琉球石灰岩を使った壁に囲まれており、中に木造の建物などがあった。明確な定義は決まっていないが、一般的には聖域や人の暮らす集落、有力者の居城などを、石や石壁で囲った場所とされている。

リゾートは、この「グスク」にインスピレーションを得て作られた塀「グスクウォール」に囲まれている。「グスクウォール」と海岸線の間に配された客室は、100室の客室すべてが、オーシャンフロントだ。「美しい海を望む絶景のロケーションで、沖縄の歴史や文化を感じられる、沖縄の贅沢を集めた空間を目指したい」と、美しい海を間近に臨める、低層階のオーシャンフロントにこだわった。客室の前に広がる海岸は、沖縄でも珍しい自然海岸。イノーと呼ばれる豊かなサンゴ礁に囲まれた海が広がり、多種多様な魚が生息している。「星のや」は施設ごとのロゴマークを持つ。たとえば、軽井沢は「雁」、富士は「富士山」をモチーフにしているが、〈星のや沖縄〉では、ロゴに魚のデザインを取り入れた。

客室のタイプは4種類。各客室には土間に大きなテーブルを備えた「土間ダイニング」を設置。簡単な調理機能を備えており、シェフが下準備した料理を、自身のタイミングで仕上げて味わう「ギャザリングサービス」も利用できる。

その土地ならではの文化が体験できるのも、星野リゾートの特徴の魅力のひとつだ。ベッドルームには、琉球紅型の壁紙を装飾。読谷村で古くから受け継がれている織物「読谷山花織」を使ったコースターやスターや、「やちむん(やきもの)」など、さまざまな工芸品な用意した。実際に手にして、使い勝手を確かめることができる。 メインダイニングでは「琉球シチリアーナ」をコンセプトに、沖縄の食材とシチリア料理の技法を組み合わせたコース料理を提供。美しい海と温暖な気候、魚介や柑橘を多用する料理など、共通点の多いシチリア料理の技法を活用し、沖縄の食材の新たな魅力を引き出す。海を連想される器や、地元の作家が手がけた琉球ガラスなど、器にも妥協はない。

1年中楽しめる海に開かれたプール、アクティビティの拠点となる道場など、パブリックエリアも充実。施設内には畑も有し、アセロラやパパイヤなどの南国ならではの果樹や草花を育てていく。近隣に崖の上から海を眺める絶景カフェ〈星野リゾート バンタカフェ〉もオープンする。 城壁に囲まれた集落で、思いのままの時間を過ごしたい。

text_Aya Hasegawa

【関連記事】