Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

弾道計測器で飛距離アップ!? 「アタックアングル」を改善するアドレスの“一工夫”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

弾道計測器の普及によって、インドア練習場などでアマチュアが自分のスウィングの計測結果を気軽に確認できるようになったが、重要なのはそのデータのどこに注目し、どう改善していくか。USLPGAティーチング会員の資格を持つ人気美女プロ・小澤美奈瀬と、プロゴルファー・中村修に、ドライバーを打つときに注目すべきポイントを教えてもらおう。

アタックアングルに注目してみよう

中村修(以下中村):インドア練習場などでは設置されていることも多い弾道計測器。これがあると自分のスウィングとその結果がデータとして示されますから、非常に便利ですよね。 小澤美奈瀬(以下小澤):プロにとってもアマチュアの方にとっても、自分のデータを数値化できるのは上達するうえで非常に助けになりますよね。 中村:ではアマチュアの方がドライバーの練習で弾道計測器を活用するとしたら、どの数値に注目するといいんでしょう? 小澤:チェックしてほしいのは、インパクト前後でのヘッドの挙動を示すデータです(写真A)。これはドライバーでもアイアンでも同様ですが、アタックアングル(入射角)、フェースアングル(インパクト時のフェース向き)、クラブパス(ターゲットラインに対するヘッドの軌道)に注目して見てください。

中村:写真Aは小澤プロのドライバーショットを計測したものですが、アタックアングルは4.0度としっかりとアッパー軌道で打ち出せていますし、2230rpmと低スピン。インサイドからヘッドがボールを捉えていることがわかります。一方、僕がアマチュアゴルファーの方によく見られるスウィングを再現し、そのときのヘッド挙動を計測したデータが写真Bです。 小澤:クラブパスを見るとややアウトサイドイン軌道で、フェースは6.1度右側に開いています。スライス気味の弾道になりそうですね。それに加え、アタックアングルは0.0度とレベルブロー気味です。 中村:写真Bではアタックアングル0.0度でしたが、場合によってはマイナス、つまりダウンブローにインパクトしてしまっている方も見かけます。

【関連記事】