Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「クマクマタイム2020」開幕 瀬戸熊直樹、怒涛の親連荘で強敵撃破&初勝利/麻雀・Mリーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 “卓上の暴君”には、親番での連荘が誰よりも似合う。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」10月15日の第1試合で、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)が6万点超のトップを獲得。親番の南3局には「クマクマタイム」と呼ばれる代名詞のアガリラッシュも飛び出し、2020シーズンの初勝利をド派手に飾った。 【動画】瀬戸熊直樹、怒涛のアガリラッシュ「クマクマタイム」発動  この試合の対局者は、起家からU-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、瀬戸熊、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)。まだまだシーズン序盤とはいえ、100ポイントを超えるマイナスを抱える6位のTEAM雷電、7位のU-NEXT Pirates、8位のKONAMI麻雀格闘倶楽部にとっては是が非でもプラスを持って帰りたい一戦だ。  東1局1本場でリーチ・一発・タンヤオ・赤の8000点(+300点)をアガり幸先のいいスタートを切った瀬戸熊だったが、東3局3本場、東4局の連続放銃で4万点以上あった点棒は2万200点まで半減。南場の親番を迎えた時点でトップ目の石橋まで1万9000点差と、トップ獲得にはやや苦しいポジションかと思われたものの、ここから眠れる獅子ならぬ“眠れる熊”が目を覚ました。  南3局2本場、瀬戸熊は自風の東をポンし、積極果敢な3副露で7索待ちのテンパイ。これに対してリーチで真っ向勝負を挑んだのが、開幕からの個人2連勝を狙う“魔王”こと佐々木だった。山に1枚ずつ残ったお互いのアガリ牌をめぐる猛烈な叩き合いを制したのは、親の瀬戸熊。佐々木から7索を直撃し、東・赤・ドラの5800点(+600点、供託2000点)でまずは2着目に浮上した。  「クマクマタイム」発動への期待が高まる中、続く3本場でも瀬戸熊はドラの4筒を3枚重ねてリーチを敢行。東と西のシャンポン待ちに佐々木が一発で飛び込み、リーチ・一発・東・ドラ3の18000点(+900)で一気に石橋を交わしてトップ目に立った。さらに4本場も佐々木とのリーチ対決となり、ここでも瀬戸熊がリーチ・赤2・ドラの12000点(+1200点、供託1000点)を直撃。強烈な3連発ロンで“魔王”佐々木を地の底に沈め、視聴者コメント欄には「クマクマタイム入りました」「これがクマクマタイムか」「KKTの爆発力気持ち良すぎ」「KKT!KKT!」といったフレーズが躍った。  怒涛の親連荘でライバルチームのエースをノックアウトし、今期初勝利を決めた瀬戸熊。しかし試合後のインタビューでは、「初勝利で嬉しいはずなんですけど、褒められた内容じゃなかったです」と出入りの激しい展開に反省の弁を述べた。自身の麻雀に求める理想の高さと実直な人柄が感じられるコメントに、解説を務めた土田浩翔(最高位戦)は「すごくいいことですよね。トップを取った時に反省材料が多いほどグンと行きますから」とさらなる活躍に期待を寄せた。  連投の第2試合では接戦の末に4着となった瀬戸熊だが、6万点トップの甲斐あって2試合を通じた合計ポイントは4チーム中最高の+40.2。多少のマイナスを補って余りある「クマクマタイム」での素点の大量獲得が、初のファイナル進出を目指すTEAM雷電のカギを握りそうだ。 【第1試合結果】 1着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)6万900点/+80.9 2着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)3万1300点/+11.3 3着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)1万7000点/▲23.0 4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)▲9200点/▲69.2 ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会 ◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。 (ABEMA/麻雀チャンネルより)

【関連記事】