Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「若々しい」35歳、B2西宮に新加入の今野が意気込み語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 2020-21シーズンから日本プロバスケットボールリーグ(Bリーグ)2部の西宮ストークスに加入した今野翔太(35)。プロ生活13年の中で培ったすべての経験をもってチームに貢献したいと話す。ラジオ番組に出演し、新シーズンへの意気込みを語った。(聞き手はラジオ関西の春名優輝アナウンサー) ■チーム最年長に……見えない!? ――35歳には見えないほど、お若いですよね。  よく言われます。自分では老けているなあと思うんですけど、チームのメンバーが若いから、一緒になって『草』(「笑える」「面白い」の意)みたいな流行りの言葉を使ったりしていますよ(笑)。 ――コロナ禍での生活は?  毎朝5時に起きて、10~15キロはランニングをしていましたね。帰ってくるころには2キロくらいは変動しています。体重が2キロ変わったらプレーに違いがでるんですよね。 ――SNSでのファンとの接し方がフランクですよね。意識していることはありますか?  簡単なことですが、コメントをくれたら返事をしています。プロだから返事はしない、という考えはないですね。時間のあるときは、そういったファンとの接し方があってもいいなと思います。 ■実は実家は川西市!西宮ストークス入団エピソード ――兵庫県にゆかりがありますよね。 「大阪生まれ大阪育ち」、としか言ってこなかったので、あまり知られていないのですが、20歳の時から実家は川西市なんです。西宮の隣みたいなものですね。 ――関西に縁があるとはいえ、関西以外のクラブへの移籍は考えましたか?  もちろんです。自分を一番評価してくれて、自分もいいプレーが発揮できる場所を選びました。 ――西宮ストークス移籍の決め手は?  西宮は「B1に行く」と明確に言ってくれたので、「これは熱いチームやな」と思いましたね。正直、あと10年ぐらい現役を続けられるような身体のコンディションなんですよ。 ――対戦相手として見ていた西宮ストークスと、入団後のギャップはありましたか?  選手のキャラが思っていた通りですし、プレーは上手い。ノリ(道原紀晃)、ナオキ(谷直樹)、ケント(松崎賢人)の3人は特にシュートが上手くて、対戦した時のイメージ通りでした。 ■積み上げた経験を、どう活かすのか? ――今野選手はキャプテンの経験が長いですが(※B1大阪で通算12シーズンを過ごし、うち4シーズンはキャプテンを務めた)、チームを引っ張っていく具体的なイメージはありますか?  言葉じゃなく、背中で引っ張っていくタイプだと自認しています。今いるストークスの選手たちはB1でも十分通用する人たちですので、あとはメディアに対しての話し方やプロ意識を上げていけるチームになれたらいいですよね。 ――いいプレーをするために大切にしていることはありますか?  自尊心やプライドを持ってバスケに取り組むことです。「自分はこれだけやってきたんだ」と思えるように、妥協を限りなくゼロにできるよう、挑戦しています。 ――今野選手の「ここを見てくれ!」というポイントは?  ディフェンスです。日本代表クラスとマッチアップしてきましたし、外国籍選手とだって対等に張り合える自信がありますので、注目して下さい。B1に、『行く!』。 ※ラジオ関西『PUSH!』内 西宮ストークス応援コーナー「ストークスなび」 7月23日放送回より

ラジオ関西

【関連記事】