Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

見学再開の豊洲市場:にぎわい戻りつつある飲食エリアや江戸前場下町、格安新メニューも

配信

nippon.com

川本 大吾

コロナ流行でこの春、見学者の受け入れを一時休止していた東京・豊洲市場(江東区)。一般利用を再開してから1カ月近くが経過し、少しずつ活気を取り戻している。現在の見学状況や、すし店のおすすめメニューなどに加え、今年1月のオープン直後にコロナの影響を受けた「江戸前場下町」も紹介する。

日本の新たな台所として、休業することなく生鮮食品の供給を続けてきた豊洲市場で6月上旬、約3カ月、100日ぶりに一般客の受け入れが再開された。国内で新型コロナウイルスの感染者が増加し始めた2月末から、同市場では関係業者を除き、見学などの一般利用者の入場を禁止していた。 緊急事態宣言中も、ライフラインである豊洲市場では取引を継続。マグロやウニの競りも行われていたが、外出自粛の影響で、国内の多くの飲食店が時短営業や休業に追い込まれ、高級魚を中心に需要が低迷、豊洲も大きな痛手を受けた。通常通りの営業が可能だった市場内の飲食店も、訪日観光客を含む見学者相手の場合が多く、市場関係者の来店はあまり見込めないために休業する店が目立った。

コロナ対策万全、競り見学はまだ

早朝5時から可能だった一般見学者の入場は、再開して当面は午前9時からで、午後2時には終了となる。活発な取引が行われる早朝に混雑するのを避け、終了時間も3時間早めた。来場者はマスクの着用が必要で、市場入り口で手を消毒し、サーモカメラによる検温も受ける。その際、体温が37.5度以上の人は入場できない。(※7月9日より、見学時間は午前5時から午後3時に変更) 再開初日は、早くから数十人が間隔を空けて列を作り、久々の豊洲を心待ちにしていた。競り風景の見学はできないため、来場者のほとんどはすし店など飲食エリアへ向かう。 「ようやく営業が再開できた。お客さんから『待っていたよ』という声を聞いて、涙が出そうだ」 人気すし店「大和寿司」の入野光広社長は、築地時代も含め、これまでにない長い休業期間を経て、喜びを隠しきれなかい様子だった。久々の営業で気がはやるのと同時に「安全、安心には万全を期してやっていきたい」と気を引き締めていた。

【関連記事】