Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ついに!Windows 10から「コントロールパネル」が消える

配信

ギズモード・ジャパン

コントロールパネル出すなら、右クリックだった。 最近のMicrosoft(マイクロソフト)は、ユーザーが困っているのを楽しんでいるかのように、Windows 10の基本機能にガンガン変更を加えています。たとえば最新バージョンの2004ではWindows 10を初期化する「Fresh Start(新たに開始)」が「このPCを初期状態に戻す」機能と統合されていますし、Windows 10 Pro、Enterprise、EducationではWindows Updateの延期可能日数が削減されています。 【全画像をみる】ついに!Windows 10から「コントロールパネル」が消える そしてマイクロソフト関連情報を発信するWindows Latestによると、近々システム情報などを含む「コントロールパネル」 までが「設定」と統合されてしまうんだとか。これは、長年のユーザーにとっては、ちょっとショックなニュースかもしれません。 かく言う私も、Windows 95時代からコントロールパネルにお世話になってきました。何か困ったことがあったとき、会社の先輩がコントロールパネルを開いてササっと問題解決してくれたとき、 ものすごくかっこよく見えたものです。それがなくなるなんて、「今日から貧乏ゆすりは違法」と言われるのと同じくらい辛い…。

現在のWindowsではコントロールパネルの出し方が3通りある

公平を期すために言いますと、現時点ではシステムの仕様に関する情報が3カ所に点在していて、しかもその内容がちょっとずつずれてたりするので、確かにわかりにくいんです。ちなみに今システム情報にアクセスする方法は以下の通り。 ① コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム ② 設定>システム>バージョン情報 ③ 検索システムに「システム情報」と入力 ① と②はほとんど同じ情報で、プロセッサ情報やRAMの容量などが表示されています。ただし、バージョン情報には文字どおりWindowsのバージョンに関する記載も。一方の③ではマザーボード、GPUや他のハードウェアを含む、PCに関するより詳細な情報が含まれます。Microsoftはこの情報を一元化しようとしているとのことで、今後はコントロールパネルが完全に削除されることになるのかも。 ちなみに最新のテストビルドWindows 10 Build 20161によると、他にもいくつか変更点があるようです。ああ、私の知っているWindowsはどこへ行ってしまうのか…。 同アップデートを発表したマイクロソフトのブログ記事には、「我々は、コントロールパネルの機能を設定に組み込むための作業を続けています」と記されています。

【関連記事】