Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

袋井・浅羽地区3小学校、同じ校歌なぜ? 5カ村結束の証し、平成分校時も異論なく【NEXT特捜隊】

配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

「え、そうだったんですか」

「袋井市浅羽地区の小学校3校は同じ校歌を歌っています。なぜなんでしょう?」  袋井市の元警察官海野純さん(73)は学校の安全を守る「スクールガード・リーダー」を務めて約15年。市内各校を巡回する中で「あれ?」と気付き、頭の片隅でずっと気になっていた。自分なりに調べてみたが、すっきりしない。静岡新聞「NEXT特捜隊」に調査依頼を寄せてくれた。  校歌と言えば、各校の校訓や教育理念、地域性などを反映した歌であり、1校1歌が基本だろう。まずは県教委義務教育課に問い合わせてみた。お隣の掛川市に勤務した経験がある幹部職員も「え、そうだったんですか。初めて知りました」。同課はすべての校歌を把握していないため「聞いたことはないが、他市町にないとは言い切れない」とのこと。念のため、同僚記者と手分けして全35市町に尋ねた。分校を除いて別々の学びやで同じ校歌を歌い継いでいる例は見つからなかった。

中学に入り初めて知る児童も

 なぜ浅羽だけ…。袋井市教委を訪ね、山本裕祥教育監(61)に話をうかがった。山本教育監は15年ほど前、浅羽中学校に勤務していた。「笠原と浅羽南、北、東の4小学校から入学してくる。浅羽3小が同じ校歌だったとそこで初めて知る子もいました。意外に知らないまま大人になる人も多いのかもしれません」  歌詞を見てみよう。  一、太平洋の波よせて/洗うなぎさのいさぎよく/はるかに望む富士のねに/千年の雪の色白し  二、このうるわしき地を占めて/里の習いも美しく/おちこちかけて昔より/浅羽の庄の名ぞ高き  三、このうるわしき海山に/心たぐえてわれらみな/わが美しき里の名を/いく千代までも伝えてん  山本教育監は「浅羽の地をうたう歌詞には校名が入っていません。私自身、不思議だなあと思っていました。5カ村共通の校歌だったからそうだったんだと後に分かりました」と振り返る。  共通校歌は明治時代後半、浅羽5カ村(上浅羽、西浅羽、東浅羽、幸浦、豊浜)で制定に向けた機運が盛り上がり、大正2(1913)年に披露されたとの記録が残る。各村1校の尋常小学校で歌った。山本教育監もそれ以上の情報は持ち合わせていなかったが、元教員の鵜飼和吉さん(71)が過去に経緯を詳しく調査していると教えてくれた。

【関連記事】