Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】胃の検査で「ポリープ」が見つかったら、それって胃がんなの!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

胃腺腫の場合は注意が必要

編集部: ポリープの種類について、それぞれ教えてください。 大蔵先生: 胃のポリープは大きく分けて、胃底腺ポリープと過形成ポリープの2種類に分けられます。胃底腺ポリープは胃がんの原因であるピロリ菌のいない胃にできます。胃のポリープのほとんどがこれに属し、大きくなければ治療はせずに経過観察となることが多いですね。一方、過形成ポリープはピロリ菌のいる胃にできるもので、大きくなると胃がんになる可能性もあるので注意が必要です。 編集部: 胃腺腫はまた別のものですか? 大蔵先生: 胃腺腫は胃がんに変化する可能性があるポリープです。見つかると細胞検査を行い、大きくなってがん化する前に切除します。見つかってから遅くても、半年以内に取ることをおすすめします。胃腺腫があるとピロリ菌がいて、慢性胃炎の症状があります。 編集部: 粘膜下腫瘍はどうでしょうか? 大蔵先生: 粘膜下腫瘍は他とは異なり胃の表面は正常ですが、粘膜の下に皮下脂肪のかたまりなどができているポリープです。ほとんどが良性で、症状もなく病名などもありません。5mm以下の小さいものであれば、経過観察で十分です。

数よりも大きさや種類が重要

編集部: では、胃ポリープが見つかったからといって、すぐに手術をしなくてもいいのですね? 大蔵先生: 胃腺腫以外はポリープの大きさが5mm以下であれば、切除せずに経過観察でいいと思います。ただ、どれも大きさが1cmを超えてきたら、注意が必要です。5mm以下だと自然になくなることもあるのですよ。 編集部: 例えば5mm以下のポリープがたくさんあっても、経過観察でよいのですか? 大蔵先生: 重要なのは数よりも大きさや種類です。極端に言うと5mm以下のポリープが10個以上でも経過観察になりますが、2cmのポリープが1個あったら危険です。切除を考えた方がいいでしょう。 編集部: 検査はどれくらいの間隔で受けたらよいですか? 大蔵先生: バリウム検査でわかった場合、5mm以下であれば1年後の検査でいいと思います。ただし1cm以上だったら、胃カメラの検査を一度受けてください。ポリープは怖い病気ではないことが多いですが、心配なら早めに胃カメラや細胞検査を受けたほうが安心できると思いますよ。

編集部まとめ

胃のポリープが見つかっても、胃がんの可能性は非常に低いようです。ただ、どのポリープも1cm以上の大きさになったら切除を検討するべきとのこと。また、重要なのはポリープの数よりも大きさのようです。もし、ポリープが見つかって心配な人は、医師に一度相談してみるのがいいでしょう。

Medical DOC

【関連記事】