Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンズは「リッキー・ルビオを必要とした」 番記者が“PG不在問題”の解消を高評価

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

フェニックス・サンズはデビン・ブッカー、ディアンドレ・エイトンら若いタレントが揃うが、今季加入したスペイン人司令塔リッキー・ルビオがそれを巧みに操ってきた。 スペインの神童と呼ばれ、史上最年少の14歳でプロデビューを飾ったルビオは、名門FCバルセロナを経て、21歳となった2011年にNBA挑戦を決断。ミネソタ・ティンバーウルブズで先発ポイントガード(PG)を任されるも、2012年に左膝前十字靭帯を断裂するなど怪我に泣かされ、期待されたほどの活躍を見せられずにいた。 2017年夏にドラフト1巡目指名権との交換でユタ・ジャズへ移籍。初年度に77試合、所属2年目に68試合と大きな故障なくシーズンを過ごした一方で、2年間で平均5.7アシストと本来のゲームメーカーぶりが影を潜めていた。 勝負のNBA9年目となった今季、開幕前に3年総額5100万ドル(約56億円)でサンズと契約。ブッカーら有能なスコアラーとマッチし、前年から7勝を上積みした26勝を挙げ、新型コロナウイルスの影響で中断していたシーズン再開後の参加22チームにも入る予定だ。 リーグ3位の平均8.9アシストを挙げるルビオに導かれ、サンズの1試合平均アシスト数は同トップの27.1本。トランジションでの1ポゼッションあたりの平均得点も1位(1.19点)、平均ファストブレイク得点は同9位(14.5点)につける。ルビオはアシスト率でもリーグ4位、オンコート・オフコート時の「ネットレーティング」差でもチームトップの10.3(2位がブッカーの6.6)を記録しているが、シュート成功率は41.2%と課題のミドルレンジから3ポイントまでの精度が劇的に上がったわけではない。 それでも、『Arizona Sports 98.7 FM』のケビン・ジマーマン記者は「リッキー・ルビオは真のPG」と主張している。 「ルビオのスタイルはブッカーのリーダー役とプレイメイクの負担を軽減し、シューティングガードとして効率的なパフォーマンス(平均26.1得点)でオールスターに出場するのを助けた。これは過去2年間、サンズ最大の問題であり、ブッカーが新天地を探すことを多くのファンが危惧した理由だった。ルビオは完璧じゃない。でも、サンズは彼を必要とした」 ルビオ、ブッカー、エイトンのトリオを中心としたサンズが来季以降、ケミストリーを高められるか注目が集まる。

NBA Rakuten