Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柏木真介から内田旦人まで地元出身選手がズラリ…Bリーグで活躍する東海大札幌高校(旧東海大四高校)OB

配信

バスケットボールキング

 豊富な全国大会出場経験を持ち、“バスケットボールの強豪”と呼ばれる高校がいくつかある。才能豊かな中学生を迎え入れ、独自のメソッドやハイレベルな競争の中で鍛え、磨き上げ、次のステップへと送り出す。プロの舞台では、そうした強豪校出身の選手が数多くプレーしている。 田臥勇太から盛實海翔まで…Bリーグで活躍する能代工業高校OB  では、数ある強豪校はそれぞれどのような選手を輩出してきたのだろうか。各校のOBを現在B1リーグでプレーする選手たちを中心にピックアップし、紹介する本企画。第3回は東海大学付属札幌高校(旧東海大学付属第四高校)を取り上げる。北海道屈指の強豪校出身Bリーガーは、そのすべてが地元出身選手だった。 ※選手の所属は2019-20シーズンのもの ●東海大学付属札幌高校出身のBリーガー

■柏木真介(新潟アルビレックスBB)

 北海道出身、1981年12月22日生まれ。1997年に宮永雄太(レバンガ北海道HC)らとともに東海大学第四高校に入学し、1年次からインターハイ、ウインターカップと全国大会を経験。  3年生となりキャプテンに就任した1999年は、インターハイ決勝まで勝ち進み、能代工業高校(秋田県)を破って勝ち上がった新潟商業高校(新潟県)と対戦。試合は序盤から新潟商業のタイトな守備に苦しめられ、最終スコア96-60で敗戦し、準優勝で大会を終えた。またウインターカップでは、準々決勝で清水太志郎(サンロッカーズ渋谷AC)擁する小林高校(宮崎県)に71-77で惜しくも敗れた。  柏木は高校卒業後に中央大学に進学し、2004年に日立サンロッカーズ(現SR渋谷)に入団。同年にJBLの新人賞を獲得し、日本代表にも選出されるなど躍進する。2006年にはアイシンシーホース(現シーホース三河)に移籍を果たし、11年の在籍期間で4度のリーグ優勝に貢献。その後、2017年に名古屋ダイヤモンドドルフィンズに移籍し、2018-19シーズンからは新潟アルビレックスBBに在籍するも、2020-21シーズンからは再び三河でプレーすることが決まっている。

【関連記事】