Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今こそ見るべき!映画のプロ11人に聞く”私のおすすめ配信ムービー5本【後篇】”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
キネマ旬報WEB

オリジナル映画からドラマシリーズ、バラエティショーまで、膨大かつさまざまなコンテンツが楽しめるネット配信。その中で “ 映画ファン” が楽しめる作品にはどんなものがあるのか? その答えに近づくべく、映画のプロであり、映画ファンの代表とも言える評論家、ライター、ジャーナリストの方々におすすめの作品を聞いてみました。 ※作品リストの後ろの( )内は 2020年4月時点での配信プラットフォームです。リストの1~5は便宜上のもので、基本的に序列はありません。

映画ライター 常川拓也おすすめの5本

1:ユニークライフ(Netflix) ※シリーズ 2:セックス・エデュケーション(Netflix) ※シリーズ 3:ノット・オーケー(Netflix) ※シリーズ 4:アンビリーバブル たった 1 つの真実(Netflix) ※シリーズ 5: 同じ遺伝子の 3 人の他人(別題:まったく同じ 3 人の他人) (Amazon プライム・ビデオ) スティーヴン・キングやジョン・ヒューズが築いた学園青春ものの伝統を踏まえた上で、多様な 人種やセクシャリティを持つキャラクターを意欲 的に盛り込むことで、既存のステレオタイプやパラダイムを変革し、クィアを祝福する包括的なドラマを中心に選んだ(順不同)。ジェニファー・ジェイソン・リー製作の1は、軽視されがちだが、ノア・バームバックが元妻である彼女との体験を基にした「マリッジ・ストーリー」と少なくとも同等に評価されるべき。パンセクシャルやアセクシャルをも明確に照射するセックスポジティブな 2、クィア版「キャリー」な3。4は「童貞。をプロデュース」の性的暴行の告発を考える上でも必見の現代の最重要フェミニズム・ドラマ。

映画批評/編集者 降矢聡おすすめの5本

1:ブリタニー・ランズ・ア・マラソン(Amazon プライム・ビデオ) 2:ハイ・フライング・バード-目指せバスケの頂点-(Netflix) 3:マーダー・ミステリー(Netflix) 4:風の向こうへ(Netflix) 5:ホールド・ザ・ダーク そこにある闇(Netflix) オーソン・ウェルズの未完の遺作「風の向こうへ」がネットフリックスによってまさか完成されようとは。まさか、といえば配信作品でのアダム・サンドラーの目覚ましい活躍もそうだ。「マーダー・ミステリー」のようなサスペンスコメディはなにより演者の魅力にかかっている。であれば、 嫌な人物を魅力的に演じるというコメディ俳優の真骨頂「ブリタニー・ランズ・ア・マラソン」もオススメ。若手の有望株ジェレミー・ソルニエによるストイックな最新作「ホールド・ザ・ダーク そこにある闇」やスティーヴン・ソダーバーグの インディ精神溢れる「ハイ・フライング・バード- 目指せバスケの頂点 ー 」も配信だからこそ可能となった映画だろう。

【関連記事】