Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山口組と神戸山口組の対立抗争とみられる事件で岡山県公安委員会はより厳しい取締りが出来る特定抗争指定暴力団に指定するため意見聴取を行うも出席せず

配信

KSB瀬戸内海放送

5月指定暴力団、神戸山口組池田組の幹部らが銃撃され負傷した事件です。岡山県公安委員会は山口組と神戸山口組を特定抗争指定暴力団に指定するため意見を聴く場を20日設けましたが代表者は出席しませんでした。 5月30日池田組の幹部ら2人が銃撃されるなどして負傷し、山口組大同会の幹部が銃刀法違反の疑いで逮捕・起訴された事件です。岡山県公安委員会は20日山口組と神戸山口組を暴力団対策法に基づく「特定抗争指定暴力団」に指定するため意見聴取の場を設けました。 特定抗争指定暴力団は指定暴力団同士の抗争が激化し市民に危険が及ぶ恐れが生じた際に警戒区域を定めて指定するものです。警戒区域内で組員が5人以上集まったり事務所に立ち入ったりすればすぐに逮捕できます。 20日の意見聴取は山口組の代表者に対してでしたが出席しませんでした。22日は神戸山口組の代表者に意見を聴くことにしています。