Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「長崎新スタは収容人数縮小」「欧州では仮想観客席」Withコロナの理想的スタジアムとは?

配信

REAL SPORTS

J2リーグに所属するV・ファーレン長崎の新たな本拠地として構想中の長崎スタジアムシティプロジェクトが、収容人数の縮小を検討していると明らかにした。3密を避けるため、座席間隔を広げ、新たな生活様式に対応するための判断であるという。一方、デンマークのスーペルリーガでは、オンライン会議ツールを用いてスタジアムとファンをつなぐ「仮想観客席」を導入。国内外さまざまな試みが行われているなか、新時代に求められる理想的なスポーツ観戦スタイルとは一体どのようなものなのだろうか? スタジアム・アリーナの専門家である上林功は、スタジアム内外、両面での新たな整備と実装が必要だと語る。 (文=上林功、写真=Getty Images)

収容人数を縮小し、計画を見直す長崎スタジアムシティ

新型コロナウイルスに関して専門家会議から「新たな生活様式」として「歌や応援は、十分な距離かオンラインで」との考えが示され、東京都からは段階的な再開にむけたロードマップが示されました。国外ではサッカーのドイツ・ブンデスリーガや韓国のKリーグなど無観客試合によるプロスポーツ再開がはじまり、国内でも6月19日からのプロ野球の無観客試合での開催が発表されました。 現在構想が進められている長崎スタジアムシティでは、観戦者数を2万3000人から2万人規模に収容人数を縮小し、計画内容を見直すうえで生活様式を変えていかないといけないとの考えを示すなど、スポーツ観戦の在り方そのものが問われつつあります。密な状態でぎゅうぎゅうになって応援するだけでなく、レストランで食事を囲みながら、風景を楽しみながら、子どもたちが遊ぶ傍らで、といった人それぞれのスタジアムでの過ごし方、好みに合わせた観戦スタイルを追求できるスタジアムが必要になってきていると読み替えることができるかもしれません。 既存のスタジアムについても、今後、段階的に観客をスタジアムに入れる方策がとられると思いますが、これまでの観戦スタイルに対してその場その場の対処的な方法を加えるだけでは、潜在的なリスクに対応できないと考えています。そもそもスポーツ観戦は密集・密接、屋内スポーツであればこれに密閉が加わり、まさに3密を基本とした環境だっただけに、これまでのスタジアム観戦のスタイルそのものを根本から大きく変える必要があります。これまでのスタジアム・アリーナでの観戦スタイルに併せて、ウィズコロナポストコロナと段階的に移行する状況にあわせた段階的に観戦スタイルを変更することになるでしょう。 一方で、デンマークのスーペルリーガがオンライン会議ツールを利用してフィールドと配信視聴者をつなぐ試みを行ったり、国内でもジュビロ磐田や清水エスパルスがヤマハとスタジアムアプリを使って声援・拍手をスタジアムに届ける実証実験を行うなど、これまでとはまったく異なる試みも生まれてきています。今回の無観客試合によるオンライン配信や、段階的な観戦スタイルの試行をスポーツ観戦の新たな価値をつくるチャンスではないかと考えています。観客を入れることができない今だからこそできる工夫をリーグ、チーム、スタジアム・アリーナ関係者が一体となって考えるタイミングだと思います。

【関連記事】