Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

次なる“標的”はシャビ? 通算700ゴール達成のメッシ、今なお輝く年間91ゴールも

配信

ゲキサカ

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがキャリア通算700ゴールを達成した。  大記録が生まれたのは30日のリーガ・エスパニョーラ第33節アトレティコ・マドリー戦の後半5分だった。DFネウソン・セメドがDFフェリペに倒されて得たPKでキッカーを務めたのがメッシ。力強い踏み込みでオブラクのアクションを誘い、爪先を使って軽くボールを浮かして逆方向に蹴り込み、キャリア通算700ゴールとなる得点を記録した。  メッシはバルセロナで630ゴール、アルゼンチン代表で70ゴールを奪って700ゴールを達成。12年にはキャリア最多となる年間91ゴールという世界記録を打ち立て、09-10、11-12、12-13、16-17、17-18、18-19シーズンには得点王に輝くなど、16年目を迎えたプロキャリアの中で常にゴールを奪い続けている。  なお、今季も2位のFWカリム・ベンゼマ(17得点)に5点差をつけてリーガ・エスパニョーラの得点ランクトップに立っており、このままトップの座を守り続ければリーガ新記録となる7度目の得点王に輝くことに。さらに同一クラブで奪ったゴール数が630ゴールとなり、ペレ氏がサントス時代に記録した643ゴールに13ゴールと迫っている。  今後も新たな得点記録を打ち立てそうなメッシだが、出場記録の更新にも近付いている。クラブ公式ウェブサイトによると、現在バルセロナでの最多出場選手は767試合のシャビ・エルナンデス氏。そして、メッシは724試合に出場しており、来シーズンにはシャビ超えを果たすかもしれない。 以下、メッシの年度別得点数 カッコ内はバルセロナでのゴール数/アルゼンチン代表のゴール数 05年:3ゴール(3/0) 06年:12ゴール(10/2) 07年:31ゴール(25/6) 08年:22ゴール(20/2) 09年:41ゴール(38/3) 10年:60ゴール(58/2) 11年:59ゴール(55/4) 12年:91ゴール(79/12) 13年:45ゴール(39/6) 14年:58ゴール(50/8) 15年:52ゴール(48/4) 16年:59ゴール(51/8) 17年:54ゴール(50/4) 18年:51ゴール(47/4) 19年:50ゴール(45/5) 20年:12ゴール(12/0)

【関連記事】