Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

千葉で生きるアイヌの古老が伝えるもの  80歳超え、各地で講演会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 アイヌ民族って北海道に住んでるんでしょ? いえいえ、北海道だけじゃありません。  政府は2011年に、北海道外のアイヌ318人を対象に生活実態を調査し、210人から回答を得た。居住地域は関東137人、中部38人、近畿14人など全国各地域の25都府県。1988年の東京都の調査でも、都内に2700人が住んでいると推計された。いずれの調査も実態を正確に把握できておらず人数はさらに多いという指摘がある。  (注:25都府県は青森、岩手、宮城、山形、茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、山梨、長野、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、香川、愛媛、長崎、沖縄)  千葉県木更津市の浦川治造さん(81)もその1人。北海道を40代半ばで離れ、関東に移り住んで35年以上。冗談っぽく笑いながら「逃げたアイヌと思われてるかもな」。それでも民族の心を伝えようと、各地に出向いて講演会を開くなどしている。傘寿を超えても活動を続けるわけとは―。(共同通信=石嶋大裕)

 浦川さんは1938(昭和13)年、北海道浦河町の農家に生まれた。太平洋に注ぐ二級河川「元浦川」沿いの集落「姉茶(あねちゃ)」。アイヌ文化が色濃く残る土地だ。  子どもの頃、父は冬になると民族伝統の狩りに出かけた。猟銃を背負って雪山に分け入り、集めた細い木を3本、三角すいの形に立てる。それを松の枝で覆って小屋にする。これを拠点に、一度入ると1週間、山にこもり、丸太と針金の輪でこしらえたわなを仕掛けてテンを捕った。はいだ毛皮を町に持って行き、「皮買い」に売って生活費を稼ぐ。浦川さんも皮はぎや鉄砲玉の精製を手伝った。3匹捕れれば家族が一冬を越せたという。  母は家に来る知人や親戚とよくアイヌの言葉で古い物語を語り合っていて、子どものころは何をしゃべっているのか分かった。近所にまだ口の周りに伝統の入れ墨をした女性がいた時代。両親は「アイヌ語をしゃべると差別される」と教えてくれなかった。それでも、浦川さんは「トランネカムイ」(怠け者)や「イペルスイ」(おなかがすいた)という言葉を今も覚えている。「アイヌに興味はなかったよ。周りはみんなアイヌだから。それが当たり前なんだよ」

【関連記事】

最終更新:
47NEWS