Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<2050年のメディア>第15回 プロの選球眼かクラウド査読か? 岐路にたつ科学ジャーナル=下山進〈サンデー毎日〉

配信

mainichibooks.com

 <Susumu Shimoyama “MEDIA IN 2050”>  私が今、取材をしている次の単行本『アルツハイマー征服』で会った研究者の中には、あるアルツハイマー病の遺伝子を発見してから、論文が科学ジャーナルに掲載されるまで6年かかった研究者がいた。その研究者は、「研究を始めて10年目にしてようやく一本論文が通った、これで首がつながったと、心底ほっとした」と語ったものだった。 『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』や『ネイチャー』『ランセット』といった科学ジャーナルについて、一度は名前を聞いたという人も多いだろう。  研究者は新発見があれば、それを論文にまとめ、これらの科学ジャーナルに投稿する。これらの論文は、編集者が取捨選択した後に、その分野の専門家による査読にまわされる。  3人程度の匿名のレビュアーがその論文を熟読玩味し、その発見が根拠のあるものなのか、意義のある新発見なのかを判定する。査読が一発で通ることは少なく、たいていはコメントがつけられて却下されるか、または、査読者によるコメントにしたがって研究者は実験や検討を重ね再投稿することになる。  晴れて掲載になれば、その研究は認められたということになる。研究費や将来のポストにもつながる。研究者はこれらの雑誌に、自分の研究が掲載されることを目標として日夜研究に励む。  それが、このコロナ禍の拡大によって、大きく変わりつつある。  多くの科学者が、こうした科学ジャーナルに投稿する前に、bioRxiv(バイオアーカイブ)というサーバーにその草稿(プレプリント)をまず投稿し、公表するようになってきている。  2013年11月に開設されたこのサーバーへの投稿がなぜ急増しているのか。それは、COVID―19関連の研究が、その知見を一刻も早く共有することが社会的に求められているからだと、東京大学大学院医学系研究科教授の岩坪威(たけし)は語る。

【関連記事】