Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

沖縄旅行、最大1万5000円お得に 6月5日から県が費用補助 県民向け宿泊プラン

配信

沖縄タイムス

 富川盛武副知事と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の下地芳郎会長らは1日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ県内の旅行事業者支援のため、県民向けの県内旅行助成事業「おきなわ彩発見キャンペーン」を5日から始めると発表した。 この記事の他の写真・図を見る  同日から7月30日までの宿泊分が対象。県内に本社がある旅行業者で県から指定を受けた事業者が、宿泊を含む旅行プランを作る。県内に住所がある人が購入できる。  補助額は商品の金額に応じて異なり、税込みで1人当たり(1)3万円以上で1万5千円、(2)2万~3万円未満で1万円、(3)1万~2万円未満で5千円、(4)6千~1万円未満で3千円-を補助する。  予算総額は5億円。期間中は何度でも利用できる。当初、予算がなくなり次第終了するとしていたが、富川副知事は「7月30日の予約分までは仮に予算が切れても、弾力的に対応しようと考えている」とし、期間中の全予約に補助する方針を示した。県は県内の宿泊施設の客室数から5万泊の利用を見込む。  OCVBの下地会長は「各旅行会社、ホテルには食材など県産品の利用を促進してほしい」と要望。旅行業を代表して日本旅行業協会の與座嘉博沖縄支部長は「キャンペーンは大変うれしく歓迎する。魅力ある旅行商品をつくり、県民に旅行してほしい」、全国旅行業協会の崎山喜孝沖縄支部長は「県民に沖縄観光の魅力を知ってもらういい機会。観光産業の活性化につながってほしい」と呼び掛けた。  また、富川副知事は、宿泊施設やレンタカー事業者、通訳案内士など観光事業者への支援施策のため、6月の補正予算計上を目指していると明らかにした。

【関連記事】