Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

厳しい目で見られ続ける「接待を伴う飲食店」 存続を賭けた取り組みとは?【#コロナとどう暮らす】

配信

BuzzFeed Japan

緊急事態宣言解除後も、感染リスクの高い場所として、なかなか自粛要請が緩和されない「接待を伴う飲食店」。最近では、再び夜の街で感染者が増え始めているという報道もなされ、この業界への視線はますます厳しくなっている。【BuzzFeed Japan Medical/岩永直子】 そんな強い逆風が吹く中でも、生活がかかっている業界では、独自の感染対策ガイドラインを作って、営業を再開する動きも出てきている。 夜の世界は、新型コロナウイルスと共に生きることができるのだろうか?

入り口で検温と消毒 マスク拒否の客は断ることも

5月27日に営業を再開して、29日に初の金曜日を迎えた新宿・歌舞伎町のキャバクラ「FOURTY FIVE」。

赤じゅうたんの敷かれた階段を登って2階の入り口に入ると、黒服の男性が「体温を測らせていただきます」と、非接触型の体温計をおでこに向けてきた。 夜9時を過ぎ、マスク姿で出勤してきたキャスト(接客係、いわゆるキャバ嬢)の女性たちも体温を測る。入り口にあるアルコール消毒をしてから、控え室に入っていく。

客も同じ入店手続きを経た後、店内の席に案内され、今度は「問診票」を書いてもらう。「体調管理チェックシート」だ。

入り口で測った体温を書き込む他、2週間以内の海外からの渡航歴、発熱症状、咳、息苦しさなど、新型コロナウイルス感染症を疑う症状がないかチェックする。 署名や電話番号も記入の上、コロナの疑いはなさそうだとなったら初めて、キャストの女性が席につく。書くことを拒否すれば、女性はついてくれないのだ。 黒服のスタッフは言う。 「お客様はもちろん、キャストの女の子も守るためで、みなさん、快く応じてくださいます。この3日間で数名、『なんでそんなことやらなくちゃいけないんだ』と拒否されるお客様がいましたが、入店をお断りしました」 同店は、「日本水商売協会」が作成した、「接待飲食店におけるコロナウィルス対策ガイドライン」に沿った感染対策を徹底することで、営業再開に踏み切った。

【関連記事】