Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】プールの水が耳に入ると中耳炎になるってウソ? ホント?

配信

Medical DOC

子どもに多い耳の病気の典型が中耳炎です。鼓膜の内側に膿や水がたまる病気で、このことから、「プールの危険性」が一部で取り沙汰されていますが、その真偽はどうなのでしょうか。インターネットで調べてみても、是非の両論が展開されているようです。この点について、はたのクリニックの波多野先生に解説をお願いしました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 波多野 篤先生(はたのクリニック 院長) 1984年岡山大学医学部医学科卒業、同大学院博士課程終了。岡山大学、東京慈恵会医科大学附属病院耳鼻咽喉科などにて勤務。2011年からは東京慈恵会医科大学附属第三病院に勤務、その後診療部長、准教授を経て2018年はたのクリニックを開院し同病院非常勤診療医長を務める。日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医、日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科 専門研修指導医、日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医制度暫定指導医、日本耳鼻咽喉科学会認定 騒音性難聴担当医、身体障害者福祉法15条指導医、難病指定医

中耳炎で問題になるのは、むしろ鼻という事実

編集部: プールの水が耳に入ると、中耳炎になるのでしょうか? 波多野先生: 結論からすると、耳の穴から水が入ることでは中耳炎にはなりません。中耳炎は、耳の鼓膜の内側に起こった粘膜の炎症です。鼓膜が正常であれば、プールの水が鼓膜を貫通して中に入ることはありません。ただし、耳の中で鼓膜より外の外耳の炎症(外耳炎)は起こりますし、鼓膜に穴が残った状態(慢性中耳炎)では、この穴を通って水が入ることで炎症を起こすことはあります。 編集部: なぜ、一部でプールの危険性が取り上げられているとお考えですか? 波多野先生: 中耳(鼓膜の奥)は「耳管」という管で鼻の奥とつながっており、唾をのみこんだりした時にこの耳管が開くことで中耳の圧調節と換気を行っています。子供によくみられる中耳炎には風邪症状の後に耳が痛くなる「急性中耳炎」と、中耳に水がたまる「滲出性中耳炎」があります。 急性中耳炎では、風邪や副鼻腔炎といった鼻やのどの炎症を起こしたときに、この耳管を経由した感染により中耳内に炎症が起きることで発症します。まだ泳ぎが上手でない子供さんではプールの水を誤って飲み込んでしまうことがあり、その際に鼻の奥から耳管を経由して中耳へ細菌やウイルスが侵入して、その結果として中耳炎を起こすことは考えられます。 また、消毒のためにプールへ入れている塩素は、時に目や鼻の粘膜を刺激する傾向があります。プールの後に、鼻水や鼻つまりがある場合には片方ずつゆっくりと鼻をかむようにしてください。鼻をすするのは耳にはよくありません。 編集部: すでに中耳炎の場合、プールは可能でしょうか? 波多野先生: 前述したように、中耳炎には、風邪をきっかけに発症する「急性中耳炎」と、耳の中に水がたまる「滲出性中耳炎」があります。 急性中耳炎では、耳痛や耳漏がある間や、副鼻腔炎などのために膿性の鼻水がある間はプールに入らないほうがいいでしょう。 また、滲出性中耳炎の場合は耳痛などの症状はあまりなく、耳管による換気障害が主体です。治療中は、鼻の治療や鼓膜換気チューブ挿入などを含めて水泳を控える意見もありますが、一方では、感染に注意しながら病院での管理をしっかりした上で、状態が悪化した場合には休むのであれば、プールを良しとする意見もあります。 個人的には、健康増進を含めたプールの良い点を考慮して、お母さんにこういったことを十分ご説明したうえで、ご希望する方には通院していただき鼓膜の状態を見ながらプールを良しとしています。 編集部: 急性と慢性は、どう見わけるのですか? 波多野先生: 風邪の症状に伴い、耳の痛みや発熱などの急性症状を伴って受診された場合は、急性中耳炎が疑われます。 滲出性中耳炎では、耳痛は少なくお母さんの呼びかけに反応しにくく聞こえの悪い感じで気づいたり、少し大きくなると自分で耳がつまった感じなどを訴えます。高い所に登ったり飛行機に乗ったときなどに、耳がつまる感じがありますよね。あれに近い感覚なのですが、小さなお子さんの場合、症状をうまく伝えられないことが多いので、聞こえ具合に関してお母さんが注意してみてあげてください。

【関連記事】