Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【5月まとめ】『大人のお洒落コーデ集』 ちょっと大人にしたいなら“半袖シャツ”!

配信

Safari Online

暖かくなってきたこれからの時期、Tシャツにデニムなんて定番アメカジなスタイルももちろんいいけど、それだけではちょっと大人として物足りないってときは、半袖シャツコーデにシフトして見たらどう? いつもと違って新鮮に見えるし、襟が付いているぶん大人らしさも演出できる!

〈Short sleeve Style 01〉

素材感が軽やかであれば 地味色でも格段に爽やか! 初夏のコーデに明るいトーンを取り入れるのは、当たり前。だから、新鮮さを求めるなら、当たり前からの脱却が必要となってくる。。というわけで、今回はあえて明るい色は避けて、大人な渋色をベースに。もちろん重~い印象にならない、涼しげなコーデを作ってみた。当然渋~い色は重たくなるんだけど、特にアラフォー以上には欠かせない色合い。だから上手に着こなせば、これほど頼りになるコーデはないはず。まず、トップは“黒”の開襟シャツ、ボトムは“ベージュ”の楽ちんパンツにして、落ち着きのある配色仕上げ。で、肝心なのがその素材感。黒シャツは柔らかいダブルガーゼ仕立てで、パンツはシャリっとした表情のリネン。この涼しげな素材感のダブルパンチで、本来地味色では演出しにくい爽やかさを見事に表現。で、課題の“重たさ”をKOってわけ。さらに、これを軽~く見せるには、サイズ感もポイントに。カラダを締めつけない、かなりゆったりめを選んでいるのがわかる? そのおかげで開放的な印象も作り出せている。こんな感じで素材やサイズ感にきちんと気を配れば、初夏の渋色コーデは攻略できたも同じ。是非、トライしてみてほしい。

開襟シャツ2万8000円、リネンパンツ4万8000円、ニット帽1万円(以上ロンハーマン)、サングラス4万7000円(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)、手に持ったニットジャケット76万円(ルシアン ペラフィネ/ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店)、サンダル2万1000円(ヨーク/ヘムト PR)

【関連記事】