Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

管理者必見! 作業時間・予算・機材管理まで、キュー・テック制作部のユニークなShotgun活用法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CGWORLD.jp

1989年の設立以来、TV、CM、アニメなど多彩なジャンルの映像制作を手がけている老舗ポストプロダクション、キュー・テック。同社では、2018年頃から制作部にShotgunを導入し、通常のプロジェクト管理にとどまらず予算や各スタッフの作業時間、機材の管理までもShotgun上で行なっているという。その独特な使用法と社内への定着に至る経緯を制作部ディレクショングループマネージャー・金苗貴宏氏に聞いた。

<1>幅広いジャンルの映像制作を担うキュー・テック制作部

ショットガン・トキトウ(以下、トキトウ):通常のShotgunの使い方であるプロジェクト管理に加えて、受注・予算管理、機材管理もというのはかなりユニークな例なのではないかと思います。特に、Shotgunには実務時間を追跡するための「タイムログ」というエンティティが標準で備わっていますが、これを予算管理面で活用しておられるとのこと。こちらは入力の手間もありなかなか定着しないという例が多いのですが、どのように運用しておられるのか大変興味深いです。本日はそのあたりをうかがっていけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。まずは自己紹介をお願いします。 金苗貴宏氏(以下、金苗):株式会社キュー・テック 制作部ディレクショングループ マネージャーの金苗です。元々弊社はレーザーディスク株式会社というレーザーディスクを作る会社だったのですが、そこから音響と編集をパッケージにして、オーサリング、プレス業務を行うキュー・テックという会社になりました。 今期から制作系の部署をまとめた「制作部」が発足し、CG、VFX、映画やドラマの制作・プロデュースを行うようになりました。私はアニメ、CM、イベントの番組制作などを請け負う「制作部ディレクショングループ」というところでマネージャーをやらせていただいています。最近のCGの実績ですと、『天気の子』、『オルタード・カーボン: リスリーブド』、アニメ『モンスターストライク』、また近年は、VTuberらデジタルアーティストのライブモーションを担当させていただくことも多くなっています。 私は2007年入社で、在籍13年ほどになります。制作部ディレクショングループの下には管理、アーティストなどが10名ほど在籍していて、私は制作には携わらず、管理業務やクライアント様との窓口業務を担当させていただいています。案件の受注管理、予算管理、あとは機材・ソフトウェアの管理なども担当していて、それらにShotgunを利用しています。

【関連記事】