Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フランス「撮影で同意のない性行為を強要」─パリ検察が大手サイトの捜査開始

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クーリエ・ジャポン

パリ検察がレイプと売春斡旋の容疑で、フランスの大手ポルノ配信サイト「ジャッキー&ミシェル」の捜査を開始した。同サイトで配信されるビデオの撮影中に、同意のない性行為を強要されたと、2人の女性が告発をおこなったことがきっかけだ。だんだんと明らかになってきた実態を多数のメディアが伝えている。

大勢に囲まれ、断れない…

9月25日、パリ検察がフランスの大手ポルノ配信サイト「ジャッキー&ミシェル」に対する捜査を開始した。仏紙「20ミニュット」によれば、検察は7月10日に予備捜査を開始し、同サイトが配信する複数の動画の撮影過程でレイプや「売春斡旋行為」があったとされる問題を調査していた。具体的には、女優たちの合意の有無などについて証言を集め、調べていたとされる。 捜査のきっかけとなったのは、今年2月18日にウェブメディア「コンビニ」が配信した「素人ポルノの卑劣な裏側」というビデオだ。「ジャッキー&ミシェル」が配信するポルノ動画に過去に出演した2人の女優が、撮影の過程で合意のない性行為をおこなうよう強制されたと告発した。 ビデオの中で顔を出して証言したネリーという女性は、断ったにもかかわらず説得され、最後には意に反してアナル・セックスをさせられたと証言している。 「私は『いやです、いやです』と何度も言いました。でも、あるシーンを撮影しているときに、彼らは私の意思に反してやったんです」 事前の取り決めは守られず、同意していた以上の人数との性行為を強要されることもあったという。 「私は怖かったんだと思います。断ったり、批判されたりするのが。20歳で、1人で電車に乗って撮影場所まできて……制作チームや男優に囲まれていて、誰も味方がいないんです。『ノー』とは言えませんでした」 「コンビニ」は「ジャッキー&ミシェル」で配信するポルノを制作するイヴ・ルモールという制作会社社長の証言も公開した。彼は笑いながら言う。 「デビューしたばかりの女性たちと仕事をすることは多いです。『アナル・セックスはしたくない』とか言いますが、撮影の日に説明して、やってみるんです。10回に9回はうまくいきます。(中略)最後には女の子たちはすごく満足してますよ。たいていの場合、撮影を始めちゃえばね(笑)。男優がよければなんとかなるんですよ」 もうひとりの女性は、男優による女性の“斡旋システム”が存在することを証言した。彼女がポルノに出演したのは、「ジャッキー&ミシェル」で男優をしていた知り合いに誘われたことがきっかけだった。その知り合いの男は、女性を紹介することで金銭を得ているのかという記者の質問に、女性はこう答えている。 「もちろん。それが彼の役目です。男優はあまり稼げないから」

【関連記事】