Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライブハウス本格的な営業再開を目指す…専門家意見も加え独自のガイドライン作り【岡山・岡山市】

配信

OHK岡山放送

岡山放送

新型コロナの影響で苦境が続くライブハウス。岡山市内のグループが、本格的な営業再開に向けた独自のガイドラインを作り、7月1日、岡山市の大森市長にガイドラインの確認と周知を要望しました。 要望したのは岡山市内8つのライブハウスなどで作る岡山ライブハウス連絡会です。ライブハウスは3月以降ほとんどのイベントがキャンセルになっていて、連絡会では国や県のガイドラインを参考に、体温測定やマスクの着用、飛沫感染防止対策などスタッフ、出演者、観客が守るべきガイドラインを作りました。 7月1日はガイドラインを大森市長に披露し、内容を確認した上で市として発行して欲しいと要望しました。大森市長は保健所などの専門家の意見も加えて安全に楽しんでもらえるようにしたいと応じました。 (岡山ライブハウス連絡会 梶谷智史代表) 「大切にしたい音楽の文化を、やっぱりこれが良いよねというものをそれぞれがぞれぞれで作りたい」 連絡会では今後岡山市以外にあるライブハウスとも連携し、本格的な営業再開を目指したいとしています。

岡山放送

【関連記事】