Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シソンヌ、テレビで“漫才”初披露!?で見えたコント師の性(さが) 『お笑い二刀流』インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 テレビ朝日系で8日に放送されるネタ番組『お笑い二刀流』(後6:56~9:54)。人気芸人たちが、“漫才”と“コント”、2つのネタを披露する、テレビ番組としては意外とレアな試み。『M-1グランプリ』や『キングオブコント』の覇者から、いま大人気の“お笑い第7世代”まで、14組が出演する。レア中のレアといえば、『キングオブコント2014』優勝者シソンヌの漫才が見られるということ。「テレビで漫才をした記憶がほぼない」というシソンヌの2人(じろう・長谷川忍)を直撃した。 【動画】『お笑い二刀流』に出演するシソンヌからメッセージ  ――テレビで漫才をやったことがないというのは本当ですか? 【長谷川】ない、ですね。 【じろう】大阪の芸人さんは漫才もコントも両方やっているイメージがありますが、東京でガッツリコントをやっている人たちは、漫才はほとんどやらないんじゃないないかな? 僕らもほとんどやったことがない。 【長谷川】 中にはいらっしゃると思いますが、ほぼほぼいない。 ――今回、『二刀流』に挑戦しようと思ったのは? 【じろう】最近、どんなお題が来てもキャラに落とし込めばできる、というのを発明しまして、その手法を使えば、どんなジャンルのネタを作れる、漫才もできる、と思いました。 ――じろうさんお得意の女性目線のネタが漫才でも楽しめました。収録でゲストの栗山千明さんは大爆笑でした。 【じろう】今回の漫才は、昨年の全国行脚ライブでやった「キッチンようこ」の店主と客が漫才をしています。 【長谷川】コントじゃないの?って、(MCの)サンドウィッチマンさんにはツッコまれましたけど、意外とイケたんじゃないかな(笑)。 【じろう】いや、ひどいもんだったと思うよ(笑)。漫才マイクとの距離感とか、わかっていないから、近寄りすぎたんじゃないかと。 ――どうしてそんなに女性キャラがお上手なのか、と。 【じろう】たぶん、女性の仕草とか、女性ならではの動きとか、日常的に見ているんだと思うんですが、相変わらず、なんでできるのかは、自分ではわかんないですね。 【長谷川】年々、おばさまキャラは上手になってきていますよね。キャラの年齢に本人が近づいているからなんだと思いますけど。たいてい、人懐こい、どこかで会ったことがあるようなおばさんなので、僕もやりやすいですね。

【関連記事】