Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「人」「動物」「物」……打ったボールが当たったとき、どうする? 正しい処置をまとめて紹介【ゴルフルール早わかり集】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

2019年1月1日より施行された新・ゴルフ規則をわかりやすく解説する書籍「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より、覚えておきたいルールをまとめてご紹介。しっかりおさらいしておこう

Q:ストロークした球が偶然に自分自身に当たったら?

答え:自分に当たっても、偶然なら罰はない 解説:偶然であれば罰はなく、球は止まったところからプレーします。

Q:ストロークした球が偶然に他のプレーヤーに当たった場合は?

答え:他のプレーヤーに当たっても偶然なら罰はない。 解説:偶然であれば罰はなく、球は止まったところからプレーをしなければなりません。

Q:ストロークした球が偶然にカートに当たった場合は?

答え:共用のカートに当たっても、罰はない 解説:プレーヤー共用のカートに球が当たった場合、誰が動かしていたのか、または動いていたのか、止まっていたのかに関係なく、罰はなく、球は止まったところからプレーします。

Q:ストロークした球が偶然に動物に当たってしまった場合は?

答え:やはり球が止まったところからプレー 解説:偶然であれば罰はなく、球は止まったところからプレーをしなければなりません。

Q:グリーン上で打った球がグリーン上の人や動物に偶然に当たった場合は?

答え:その1打は取り消して、 再ストローク 解説:グリーン上でも同じく罰はないが、そのストロークを取り消し、再プレーしなければなりません。

Q:グリーン上で打った球が グリーン上の 他の球に当たったら?

答え:2罰打で、止まったところからプレー 解説:パッティンググリーン上から、パッティンググリーン上に止まっている他の球に当ててしまった場合は、2 罰打で球は止まったところからプレーしなければなり ません。動かされた他の球は元の位置にリプレースします。

Q:動いている球をプレーヤー自身や 他の人が故意に止めた場合は?

答え:球を止めたプレーヤーに 2罰打が付く。 解説:故意であれば、球を止めたプレーヤーは2罰打を受けます。球は、もしその球が故意に止められたり方向を 変えられたりしなければどこに止まっていたかを推定し、その推定した基点からホールに近づかない1クラブレングス以内の救済エリアにドロップします。パッティンググリーンからストロークされた球の場合、そのストロークを取り消して再プレーします。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】