Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自業自得なのか? 実は私たち人間のせいで新型コロナウイルスの感染は拡大した?

配信

AMP[アンプ]

ワクチンは開発中ながら、新型コロナウイルスのパンデミックから少し落ち着きを取り戻した国も出始めた。 同時に、ウイルスの発生源はどこだったかが取り沙汰されるようになった。5月初旬には米国で武漢ウイルス研究所もしくは市内の別の研究所がパンデミックの始まりという見方を出したが、中国側が反論するといったニュースが世界を駆け抜けた。 一方、各国の疫学者をはじめとした専門家は、同ウイルス拡散の責任は「人間」にあると指摘している。もし専門家の見方が正しいとすれば、私たちは自分で自分の首を絞めていることになる。これはどういうことなのだろうか。人間が何をしたというのだろうか。

動物の個体数が減ると、人間がターゲットに

米国国立衛生研究所によれば、既知の感染症の60%が動物由来のものといわれ、新興感染症においてはその割合は75%にも及ぶという。動物から人へ、人から動物へ伝播可能な伝染病は、人獣共通感染症と呼ばれている。米国科学振興協会が2018年に発表した情報によれば、人獣共通感染症を引き起こすウイルスの数は60万にも上るそうだ。 自然環境で、人獣共通感染症のウイルスは動物を自然宿主として生存している。しかし、自然宿主である動物の数が減ったり、絶滅したりした場合には、ウイルスは別の宿主を見つけ、移る必要がある。ウイルスの多くが拡散し、新たな宿主に移るのにたいした時間を要しない。そのターゲットになっているのが人間だ。 自然科学を中心とした総合学術雑誌、『ネイチャー』の出版元、ネイチャー・リサーチが取り上げ、2017年に発表した論文がある。「世界的なホットスポットと新興人獣共通感染症の相関関係」というもので、この中で人獣共通感染症のウイルスが多いところとして熱帯の地域が挙げられている。野生生物が生物多様性に富み、特に哺乳類が豊富であるためだそうだ。 しかし、熱帯がホットスポットであるのには、ほかにも理由がある。熱帯林において、人間は土地をさまざまな用途に用いている。実は森林伐採と土地の多用自体がウイルスを増やす原因になっているのだという。

【関連記事】