Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現新5人の激戦!羽曳野市長選 候補者みなさんに聞きました。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
選挙ドットコム

7月5日に告示された羽曳野市長選には、無所属で現職の北川嗣雄(きたがわ・つぐお)氏(77)、無所属で新人の松村尚子(まつむら・なおこ)氏(50)、共産党が推薦する無所属で新人の嶋田丘(しまだ・たかし)氏(72)、大阪維新の会で新人の山入端創(やまのは・はじめ)氏(39)、無所属で新人の田仲基一(たなか・もとかず)氏(55)の5名が立候補しました。投開票は7月12日に行われます。 今回は北川市政の是非、多選の是非、子育て支援策、産業振興策、世界文化遺産の「百舌鳥・古市古墳群」を生かしたまちづくりなどが争点と考えられます。

子育て世代だった自身の思いと労働組合の活動が地方政治家への志に 北川嗣雄(きたがわ・つぐお)氏

【質問1】政治家を志したきっかけはなんですか? 「私が30歳代の頃、子育てをする環境はとても厳しいものでした。安心して子育てをするためには、子育て世代の声を集め、社会に発信することが大切であると実感しました。また、私はサントリー株式会社に在籍中、労働組合の活動をしており、日頃から組合員の生の声を受け止め、職場環境の改善などに取り組んできました。 これらのことから、周囲の人たちの思いを実現し、住みやすいまちにしたいと考え、地方での政治家を志しました。」 【質問2】尊敬する人は誰ですか? 「島崎藤村です。」 【質問3】当選したらこれだけは実現したいことはなんですか? 「『誰ひとり取り残さない』それぞれの世代にあった羽曳野での暮らしを実現したいです。公約はすべて実現します。具体的には、高齢者に対するお出かけ支援バスの運行やお買い物支援サービス。新婚世帯への支援、新生児出産応援金、18歳までの医療費無償化。 小学校給食費の無償化、中学校の全員給食。若者会議等の創設など若者が活躍できる環境構築。世界遺産と日本遺産の積極的な保全と活用による歴史と人が共存するまちづくりです。」

子育てでの経験と、「女性目線を取り入れるべきだ」との思いで立候補へ 松村尚子(まつむら・なおこ)氏

【質問1】政治家を志したきっかけはなんですか? 「二人の子どもが幼い頃、公共施設の建設が相次ぎました。 しかし、建物は新しく立派であっても授乳室が設けられない等、女性や子どもにとっては決して優しい施設とは言いがたい状況でした。他にも同様に、女性の目線がもっと取り入れられるべきことがたくさんあるとの思いから立候補を決意しました。」 【質問2】尊敬する人は誰ですか? 「フローレンス・ナイチンゲールです。」 【質問3】当選したらこれだけは実現したいことはなんですか? 「実現させたいことはたくさんありますが、その多くを実現させるにはまず、羽曳野市の魅力を内外に広く認知してもらうことが必要と考えています。それが特産物の販路開拓につながり、それが起爆剤となってまちが活力を取り戻し、やがて生産労働者人口の増加、税収の伸びとなり、自己財源の確保につながり、住民サービスにも好影響を与えることになります。 そのためには法被を着てトップセールスをする気構えで事に当たりたいです。」

【関連記事】