Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【防災の日】安全&防災グッズを活用! 家具にひと工夫して災害から身を守ろう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
婦人公論.jp

本日9月1日は防災の日。近年、地震や豪雨などの自然災害が頻発しています。この機会に災害に強い住まいを目指し、防災グッズを見直してみては? 危機管理アドバイザーの国崎信江さんに聞きました(イラスト=タムラサチコ) 【イラスト】普段持ち歩くバッグに入れておくべき防災グッズは? * * * * * * * ◆危険を分散させない対策を 今、日本列島は地震の活動期に入っており、いつどこで巨大地震が起きても不思議ではない状態です。災害に備えて家の中を整えておくことは、命を守ることにつながります。 家が揺れたとき、家具や家電は凶器になりえますから、まずは倒れないように固定しておくことが大原則。ただ、天井や壁の材質の強度によって固定の効果が異なるため、適切に対処しないと安全とはいえない場合もあります。理想としては、物を減らし、大きな家具を置かないのがベストです。 とはいえ、家具を何も置かないわけにはいかないので、配置を工夫しましょう。第一に、逃げるときの避難動線を確保するため、廊下や階段、玄関には極力物を置かないこと。動線上にはテーブルなどを置かず、一直線で外へ出られるようにしましょう。また寝室の家具は、寝ているところに倒れてこないように配置を。 家具の中の物が飛び出さない対策も必要です。特にキッチンには食器棚など大型の収納があり、大きな揺れで一斉に扉が開くと、非常に危険。下で紹介するストッパーを取り付けておきましょう。 また、壁に掛けてある絵や時計が落下すると、避難動線を塞いだり割れたりしてケガをしかねません。掛けるなら、破損の危険性がない素材の物を選ぶのも、防災の知恵です。 部屋数に余裕があるお宅なら、趣味の物を飾る専用部屋を設ける、あるいは、タンス類は一部屋にまとめるとよいでしょう。家族が集まるリビングなどには物を置かず、危険を分散させないことが大事です。

◆家具にひと工夫 家具・家電の転倒や物の飛び出しの防止、火災の原因となるコンセントの保護など、安全を守るためのグッズをご紹介。どれもホームセンターなどで手に入ります。 ーーーーー ●引き出しストッパー 引き出し内側の縁に取り付けると、数センチしか前に出てこない。通常使用するときには、ストッパーを指で軽く押せば、スムーズに引き出せる ーーーーー ーーーーー ●冷蔵庫ドアストッパー 冷蔵庫のドアにも引き出しにも使えるストッパー。両面テープで取り付け、片方のクリップを外すと開けることができる。下段の引き出しは両脇に取り付ける ーーーーー ーーーーー ●発熱検知コンセント コンセントにほこりがたまって湿気を帯びると、漏電して発火する危険が。冷蔵庫など電源プラグを差しっぱなしのところには、発熱検知コンセントを設置するのがおすすめ。発熱を検知すると、自動的に電気を遮断する ーーーーー ーーーーー ●飛散防止フィルム 地震の衝撃によってガラスが割れて飛び散ることがある。食器棚などのガラス扉に飛散防止フィルムを貼っておけば、たとえ割れても破片が散るのを避けられる ーーーーー ーーーーー ●コンセント安全キャップ 使用していないコンセントには、漏電の原因となるほこりがたまらないよう安全キャップをかぶせておく ーーーーー ーーーーー ●粘着ジェル 電子レンジやオーブントースターなど、小型家電の飛び出しや落下を防ぐのに役立つのが粘着ジェルのマット。脚の底面に取り付け、台に固定する ーーーーー ーーーーー ●滑り止めシート 食器が動いたり倒れたりするのを防ぐために、簡単にできる工夫が、滑り止めシートを敷くこと。食器棚の棚板に敷いておけば、地震のとき食器が滑りにくくなる ーーーーー

【関連記事】